この記事では、人参の特徴や栄養・効能についてみていきます。人参は、どんなシーンでも活躍する万能食材です。お弁当や作り置きにも使える便利な材料です。栄養豊富だと言われているが、詳しくは知らないよな。原産地や特徴も勉強したいところです。今回はそんな人参の基礎知識を、フリーランス料理家はんぞーと一緒に解説していきます。

ライター/はんぞー

バリスタ兼フリーランス料理家。某レストランでのプロデュース経験も有り。趣味の料理が口コミで広がり仕事になった、根っからの食いしん坊。お気に入りのフードは、オリーブ油で和えた千切り人参のサラダ。

人参ってどんな野菜?

image by iStockphoto

食卓の定番野菜の人参。どんな家庭でも、必ず置いてある食品と言っても過言ではありません。そもそも、人参はどんな野菜なのでしょうか。詳しく解説していきます。

セリ科ニンジン属の野菜

人参は、セリ科ニンジン属の野菜。セリやパセリと同じ仲間のようですよ。名前の由来も興味深いです。根の形が人の手足に似ていることから、「人が参る」と書いて人参と呼ばれるようになったとのこと。

そもそもは、朝鮮人参のことを人参と呼んでいたようです。朝鮮人参は一般的な人参よりも長細くて、根が枝分かれしているのが特徴。人参という名前の由来も分かりますね。その頃、一般的な人参はセリ人参と呼ばれていました。その後朝鮮人参よりもセリ人参が主流になったことから、ただの「人参」に名称が変化していったようです。

どこの部分を食べているの?

人参は根にあたる部分を食用としています。そもそも野菜は、根菜・葉茎菜・果菜に分けられるとのこと。人参は根菜の部類にあたりますね。根菜はごぼうや大根などです。実を食べる果菜と間違えやすいので、覚えておきたいキーワードですね。

人参の原産地は?

人参は意外にも根菜にあたり、セリ科の一種だとわかりました。次は、原産地について解説していきます。

原産地はアフガニスタン

人参の原産地は、アフガニスタンです。そこから東洋種と西洋種の2種類に枝分かれしたとのこと。東洋種は、中国から日本に伝わりました。現代ではあまり主流ではありません。東洋種だと、お正月に食べる金時にんじんが有名ですね。赤色に近い見た目で、お雑煮に入れることもしばしば。

現在一般的に食べられているのは、西洋種です。西洋種は、ヨーロッパから長崎に直接伝わりました。西洋種は根が短く、栽培が容易だったため普及したそうです。

\次のページで「どんな栄養や効能があるの?」を解説!/

どんな栄養や効能があるの?

image by iStockphoto

人参は栄養価が高いと言われていますね。給食や病院食でも使われているイメージがあります。具体的に、どのような栄養が豊富なのでしょうか。効能もあわせて解説してきます。

1.目や皮膚を丈夫にするベータカロテン

人参といえば、ベータカロテンですね。緑黄色野菜の中でも、トップクラスの部類です。4分の1本食べれば、成人の1日の必要量を満たせると言われています。ベータカロテンは、体内に入るとビタミンAに変換されるとのこと。

効能としては、目や皮膚の健康維持・免疫抑制効果・動脈硬化やがんの予防などが挙げられます。そもそも、英語で人参と言うとキャロットですね。このキャロットはカロテンが由来とのこと。その名の通り、人参を代表する栄養素ですね。

2.骨を強くするカルシウム

人参はカルシウムも豊富です。カルシウムは、歯や骨を丈夫にするミネラルのこと。他にも血液の凝固を促したり、神経を落ち着かせる作用があるようです。特に、成長期の子供や老人には必要な栄養素だと言えるでしょう。

\次のページで「3.腸内環境を整える食物繊維」を解説!/

3.腸内環境を整える食物繊維

人参は食物繊維が豊富です。食物繊維は、腸内環境を改善するために必要とのこと。特に、人参には不溶性食物繊維が多く含まれています。これは、腸を刺激して便通を促す効能がありますよ。積極的に摂取していきたいですね。

人参の葉って栄養があるの?

私達が普段食べている人参は、根の部分ですね。春菊のような見た目の葉も、食用が可能だと聞いたことがあります。それでは、葉の部分は栄養があるのでしょうか。詳しく解説していきます。

葉は根よりも栄養価が高い

実は、人参の葉は根よりも栄養価が高いのです。たんぱく質は1.5倍・カリウムは1.9倍・カルシウムは3.5倍も含まれているとのこと。しかし、なかなか葉付きの人参を目にすることはありませんよね。それには理由があります。葉が付いたままだと葉の部分に栄養が行ってしまい、根の部分がしなしなしてしまうからだそうです。そのため、一般的には葉は取られて販売されているとのこと。

葉付き人参を手に入れたい場合は、農家の直売所や朝市・通販サービスなどをチェックしてみると良いでしょう。おすすめの食べ方はチヂミと天ぷらですよ。

どれぐらい食べればいいの?

image by iStockphoto

人参は健康維持のために必要な栄養素が、たくさん含まれていることがわかりましたね。様々な料理に活用してきたいものです。それでは、1日の適量はどれぐらいなのでしょうか。詳しく解説してきます。

1日の適量は約80g

人参100gあたりのカロリーと栄養素を見ていきましょう。

\次のページで「摂取する時の注意点は?」を解説!/

栄養成分表100gあたり
・カロリー 39 kcal
・タンパク質 0.7g
・脂質 0.2g
・炭水化物 9.3g
・食物繊維 2.8g
・ベータカロテン 8600μg

1日の適量は、中サイズで1本・約80gほどです。特に気をつけたいのが、ビタミンAの過剰摂取。ベータカロテンが体内でビタミンAへと変換されるので、注意が必要です。症状として、腹痛やめまい・全身の関節の痛みや脱毛などがあります。また、カロテンによって皮膚が黄色くなることも。栄養価は高いですが、適量を守りましょう。

摂取する時の注意点は?

人参の栄養価や適量について解説してきました。保存期間も長いので、おすすめしたい食材です。それでは人参を摂取するにあたり、注意すべきことはあるのでしょうか。詳しく解説してきます。

アレルギー症状が出ることも

人参を摂取することで、アレルギー症状が出ることがあります。症状としては、口内の粘膜にじんましんが出たり、直接人参と接触した場所に痒みが出るようですね。人参はセリ科の食材です。パセリやセリを食べて、症状が出たことがある人は注意が必要ですね。

乳幼児に食べさせていいの?

人参は離乳食として食べさせられます。生後5ヶ月頃からスタートするとよいでしょう。初めて挑戦する野菜として、おすすめとのこと。初めはペースト状から食べさせてみましょう。すりおろすだけで、立派な手作り離乳食になりますよ。慣れてきたらみじん切りにするなど、少しずつ量を増やしてみましょう。

豊富な栄養価を理解して、人参を積極的に取り入れよう

人参は、セリ科の植物で根菜の一種だということが分かりました。また栄養素的には有名なカロテンだけでなく、カルシウムや食物繊維が豊富でしたね。その一方で、過剰摂取には注意が必要です。きんぴらなどのおかずや、お菓子などのレシピにも活用できる万能食材。ピーラーを使ったり電子レンジで加熱すれば、料理ビギナーズも簡単に使える食材です。積極的に取り入れてみましょう。

" /> 人参ってどんな食材?原産地や特徴・栄養・効能もフリーランス料理人が詳しくわかりやすく解説 – Study-Z
家庭科

人参ってどんな食材?原産地や特徴・栄養・効能もフリーランス料理人が詳しくわかりやすく解説

この記事では、人参の特徴や栄養・効能についてみていきます。人参は、どんなシーンでも活躍する万能食材です。お弁当や作り置きにも使える便利な材料です。栄養豊富だと言われているが、詳しくは知らないよな。原産地や特徴も勉強したいところです。今回はそんな人参の基礎知識を、フリーランス料理家はんぞーと一緒に解説していきます。

ライター/はんぞー

バリスタ兼フリーランス料理家。某レストランでのプロデュース経験も有り。趣味の料理が口コミで広がり仕事になった、根っからの食いしん坊。お気に入りのフードは、オリーブ油で和えた千切り人参のサラダ。

人参ってどんな野菜?

image by iStockphoto

食卓の定番野菜の人参。どんな家庭でも、必ず置いてある食品と言っても過言ではありません。そもそも、人参はどんな野菜なのでしょうか。詳しく解説していきます。

セリ科ニンジン属の野菜

人参は、セリ科ニンジン属の野菜。セリやパセリと同じ仲間のようですよ。名前の由来も興味深いです。根の形が人の手足に似ていることから、「人が参る」と書いて人参と呼ばれるようになったとのこと。

そもそもは、朝鮮人参のことを人参と呼んでいたようです。朝鮮人参は一般的な人参よりも長細くて、根が枝分かれしているのが特徴。人参という名前の由来も分かりますね。その頃、一般的な人参はセリ人参と呼ばれていました。その後朝鮮人参よりもセリ人参が主流になったことから、ただの「人参」に名称が変化していったようです。

どこの部分を食べているの?

人参は根にあたる部分を食用としています。そもそも野菜は、根菜・葉茎菜・果菜に分けられるとのこと。人参は根菜の部類にあたりますね。根菜はごぼうや大根などです。実を食べる果菜と間違えやすいので、覚えておきたいキーワードですね。

人参の原産地は?

人参は意外にも根菜にあたり、セリ科の一種だとわかりました。次は、原産地について解説していきます。

原産地はアフガニスタン

人参の原産地は、アフガニスタンです。そこから東洋種と西洋種の2種類に枝分かれしたとのこと。東洋種は、中国から日本に伝わりました。現代ではあまり主流ではありません。東洋種だと、お正月に食べる金時にんじんが有名ですね。赤色に近い見た目で、お雑煮に入れることもしばしば。

現在一般的に食べられているのは、西洋種です。西洋種は、ヨーロッパから長崎に直接伝わりました。西洋種は根が短く、栽培が容易だったため普及したそうです。

\次のページで「どんな栄養や効能があるの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: