雑学

1分でわかる!「焼く」と「炒める」の違いとは?調理方法や美味しく作るためのコツも雑学コレクターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木健二だ。今回は焼くと炒めるの違いについて紹介していくぞ。「焼く」と「炒める」は代表的な調理の手法だが、これらを混同して使っているやつも多いんじゃないか?「焼く」と「炒める」は確かにそっくりで違いがないと思ってしまうが、元を辿ると定義に違いがあることが分かったぞ。そんな焼くと炒めるの違いについて雑学コレクターのモトキと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/モトキ

月20冊以上の本に目を通す雑学コレクター兼ライター。日頃より培った知識とその情報取集力を活かして分かりやすく情報を伝えていく。

「焼く」と「炒める」の違い

image by iStockphoto

調理する工程には「焼く」や「炒める」などがありますが、みなさんはこの2つの違いについてご存知でしょうか。「焼く」と「炒める」は同じように火を使った調理方法であるため、単なる呼び方の違いでしかないと思われている方が多いように感じます。しかし「焼く」と「炒める」を詳しくみてみると定義に大きな違いがあることがわかりました。まずは「焼く」と「炒める」の定義についてみてみましょう。

焼く:じっくり中まで火を通す

「焼く」というのは食材の中までじっくりと火を通す工程を呼びます。焼くという工程はとても歴史が長い調理方法で、もともとの意味は食材を直接火にかけて加熱させるものでしたが、料理や調理器具の進歩にともない「焼く」の意味が移り変わっていきました。「焼く」という字を使っている料理も多く

・焼きそば
・たこ焼き
・お好み焼き
・もんじゃ焼き
・焼き肉

\次のページで「炒める:かき混ぜながら加熱させる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: