家庭科

玉ねぎの目が痛くならない下処理は?おすすめの食べ方・保存方法もフリーランス料理人が詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では、玉ねぎの食べ方や下処理・保存方法についてみていくぞ。玉ねぎは様々なシーンで活用できる野菜だよな。しかし、下処理が大変なのが懸念点だ。また保存方法についても意外と知らないよな。今回はそんな玉ねぎの実践的な知識を、フリーランス料理人はんぞーと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/はんぞー

バリスタ兼フリーランス料理人。某レストランでのプロデュース経験も有り。趣味の料理が口コミで広がり仕事になった、根っからの食いしん坊。

玉ねぎはどうやってむけばいい?

image by iStockphoto

食卓の定番野菜、玉ねぎ。しかし下処理の方法については、意外と知らないものですね。そもそも、どうやってむくのが正しいやり方なのでしょうか。詳しく解説していきます。

玉ねぎの基本のむき方

玉ねぎの基本的なむき方について、紹介していきます。

玉ねぎの基本的なむき方
1.頭の部分を包丁で切り落とす
2.根っこの方に向かって、皮をむく
※バナナをむくように頭からむいていきましょう
3.皮を全てむいたら、根を包丁で切り落とす

手を使って皮をむくのもよいですが、包丁と親指で皮を挟むと簡単です。このむき方だと、かなり時間短縮になります。ぜひ実践してみましょう。

皮はどこまでむけばいい?

茶色の皮だけをむくようにしましょう。玉ねぎは、一番外側の茶色い皮・厚めの緑色の皮・中身の白い部分から構成されています。真ん中の緑色の皮をむくか、迷うことがあるでしょう。しかしこの部分は食べることができるので、残しましょう

繊維が多くて固めですが、実は栄養が豊富なのです。ケルセチンと呼ばれる物質がたくさん含まれています。これは、美肌効果があるようですよ。切り方を工夫して、食べるようにしましょう。

\次のページで「目が痛くなるのはなぜ?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: