雑学

3分で分るチャコールとグレーの違い!どちらが濃い色?黒や茶との違いも文学部卒のライターが詳しくわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事ではチャコールとグレーの違いについてみていくぞ。チャコールは最近衣服などのファッション関係で使われだした色の名前だ。黒っぽいダークカラーに使われるイメージがあるが、グレーとの違いが分かりにくいと感じる人も多いかもしれない。どちらのほうが濃いのか、「チャ」という字が付くが「茶色」と関係があるのか、両者の色の違いをカラーに興味があるライター海辺のつばくろと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/海辺のつばくろ

自分に似合う色が分かるのではと、カラーコーディネイトに興味がある文学部卒のライター。

チャコールとグレーの違いは分かりにくい

チャコールは、近年服の色や小物の色の名前に使われることが多くなったイメージです。日本語で表すとどのような色を指すのか、気になる方もいるでしょう。グレーは、黒と白を混ぜた灰色やねずみ色に当てはまり、感覚的に分かるような気がするのですが、上手く説明しにくいですね。さらに、チャコールとグレーの違いはちょっとわかりにくく感じます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

チャコールとグレー、たしかにどこがどう違うのかちょっと分かりにくいな。色味や名前の由来を見ていこうか。

チャコールってどんな色?

image by iStockphoto

洋服やファッション小物、化粧品などを扱う通販などでチャコールという色味を見てみると、「チャコール」「チャコールブラック」や「チャコールグレー」などという色で表されているものを見かけますね。どれも黒みがかった色味が多い印象です。

チャコール:炭の色

チャコールという言葉はどのような意味でしょうか。チャコールは英語で”Charcoal”、日本語での意味は炭や木炭です。バーベキューなどで使われる炭を思い浮かべるとイメージしやすいですね。色味を指す時に、和名では「濃灰色のうかいしょく)」、濃い灰色非常に暗い灰色のこと。類義語にダークグレーなどがあります。

\次のページで「チャコールブラック:ほぼ黒に近い灰色」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: