家庭科

レモンの旬は冬!新鮮なレモンの選び方や品種も元管理栄養士がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではレモンの旬や選び方についてみていくぞ。レモンは一年中手に入るが、外国産か国産によって旬が変わってくるんだ。どれも同じように見えるレモンでも選び方によってはおいしさが変わってくる。今回は何気なく食べているが実は奥が深いレモンの基礎知識を元管理栄養士ライターわしおと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/wasio

元管理栄養士。子どもの食育から高齢者の栄養管理まで食に関することならお任せ。ドレッシングはお酢よりもレモンのほうがフルーティーな味わいになるので好き。

レモンが一番おいしい季節はいつ?

image by iStockphoto

一年中スーパーなどで手に入るレモンですが、旬を知らない人も多いのではないでしょうか。いつでも手に入るとは言え、せっかくなら旬のおいしいレモンを味わいたいですよね。結論から言うと、レモンが一番おいしい季節は輸入か国産かによって変わってきます。では、さっそく解説していきますね。

外国産レモン:6月~10月頃

外国産レモンの旬は6月〜10月頃。日本で輸入している外国産レモンはチリが約4割をしめており、南半球に位置するチリのレモンは6~10月頃に旬を迎えます。また、レモンの原産国はインドのアッサム地方で、日本ではアメリカ産やチリ産のレモンが輸入レモンのほとんどを占めていますが、生産量が世界一多いのはインド産のレモンです。

国産レモン:12月~3月頃

国産レモンは主に広島や愛媛など瀬戸内地方で栽培されており、旬は12月〜3月頃です。9月頃から収穫されはじめ、青い状態のレモンはグリーンレモンと呼ばれています。旬は冬のレモンですが、寒さには弱いので広島や愛媛、和歌山など冬でも比較的温暖な地域で栽培されているようです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

外国ではアメリカのカリフォルニアやチリなど暖かい地域で栽培されていることからわかるように、レモンは日がよく当たり、風通しの良い場所を好むんだ。寒さに弱いから日本では瀬戸内周辺の温暖な地域で栽培できるぞ。目安としては温州みかんを栽培できる地域はレモンの栽培にも向いている。

レモンにはどんな品種がある?

image by iStockphoto

一口にレモンと言ってもさまざまな品種があり、特徴も変わります。どんな種類があるのか詳しく解説するので見ていきましょう。

\次のページで「1.寒さ・暑さに強いリスボン」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: