家庭科

オリーブオイルにはどんな種類がある?原産地や選び方も栄養士・調理師ライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。店頭に一年中並んでいるオリーブオイルだが、旬があることはあまり知られていないだろう。種類によっても味わいや香りに違いがあって、購入するときに迷ってしまうのではないだろうか。今回は日本の食卓にも欠かせないオリーブオイルの原産地や旬、高品質なものを購入したい場合の選び方を、栄養士・調理師ライターみつここと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みつここ

ヘルシーでおいしい食事を心がけているwebライターです。最近は、オリーブオイルを使った料理にも挑戦中。栄養士と調理師の資格を活かし、わかりやすく解説していきます。

オリーブオイルの原産地は?旬はあるの?

スーパーなど店頭に一年中並んでいるオリーブオイル。そんなオリーブオイルの「旬」を意識して購入している方は、少ないのではないでしょうか?次の章で、オリーブオイルの主な原産地と旬をみていきましょう。

主な原産地は地中海沿岸地域

image by iStockphoto

オリーブオイルの主な原産地は、スペイン、イタリア、ギリシャなどの地中海沿岸の地域で、オリーブが最も育ちやすい気候といわれています。その中でもスペインは、生産量、栽培面積、輸出量が世界1位で、なんと2位のイタリアの倍以上!特に南部アンダルシア地方は、スペインのオリーブ生産量の75%を占めており、高品質なものが多いです。

それぞれの原産地によって、味わいなどの特徴が異なります。

日本の原産地は?

香川県の小豆島は、「日本のオリーブ栽培発祥の地」として知られており、110年以上の歴史があります。今では香川県の各地で栽培されており、オリーブの出荷量は日本全体の9割で、オリーブオイルの生産量も全国1位です。小豆島の温暖な気候が地中海沿岸地域に近い、ということがオリーブ栽培成功の理由の一つだと言われています。

旬は11~12月

オリーブの実の収穫時期が、オリーブオイルの旬ですが、生産量第1位のスペインでの収穫時期は、9月頃から2月頃まで。その収穫されたオリーブの実から作られたオイルが日本に届くのが11月から12月頃で、この時期がオリーブオイルの旬ということになります。旬のオリーブオイルは、搾りたての新鮮な味わいと香りです。購入する際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

オリーブオイルにはどんな種類がある?

image by iStockphoto

オリーブオイルの種類は大きく分けて2種類。「エキストラバージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」です。この2つは製法が異なり、どちらも生食・加熱できますが、香りや味わいに違いがあるため人によって好みが分かれます。それぞれの特徴をみていきましょう。

\次のページで「1.最高品質のエキストラバージンオリーブオイル」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: