国語言葉の意味

【慣用句】「勧学院の雀は蒙求を囀る」の意味や使い方は?例文や類語もWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「勧学院の雀は蒙求を囀る」について解説する。

端的に言えば勧学院の雀は蒙求を囀るの意味は「身近で見たり聞いたりしていることは自然に身につく」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で7年間のライター経験を持つeastflowerを呼んだ。一緒に「勧学院の雀は蒙求を囀る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な7年目のライター、eastflower。「勧学院の雀は蒙求を囀る」の言葉の起源やどんな場面で使えるのかをわかりやすく解説していく。

「勧学院の雀は蒙求を囀る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「勧学院の雀は蒙求を囀る」(かんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる)の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「勧学院の雀は蒙求を囀る」の意味は?

まず、「勧学院の雀は蒙求を囀る」の辞書の意味を見ていきましょう。

1. 勧学院にいる雀は、学生が「蒙求」を読むのを聞いておぼえ、それをさえずる。身近に見たり聞いたりしていることは、自然に習いおぼえることのたとえ。

出典:ことわざを知る辞典(小学館)「勧学院の雀は蒙求を囀る」

「勧学院の雀は蒙求を囀る」は慣用句ではありますが知らない人の方が多い言葉かもしれませんね。その理由はこの言葉ができた時代が平安時代という昔の言葉であること。もうひとつは、固有名詞が二つ出てきて何のことを言っているのか見当がつかないからでしょう。

それでは、ひとつずつ説明していきましょう。勧学院」(しゅうがくいん)とは藤原氏(ふじわらし)の子息が通っていた私立学校、私立塾のことで、蒙求」(もうぎゅう)とは、この私立塾で使っていた教科書の名前です。当時、日本が目指していたのは、中国の唐(とう)のようになること。セレブの子弟である学生たちは、中国語で書かれた教科書を声を出して読み、私立塾の庭に集まる雀たちは毎日学生たちの声を聞いて、そのうちに雀たちも学生にならい、読み方をさえずるようになったということです。転じて、身近なことは自然におぼえるようになるという意味で使われるようになりました。

\次のページで「「勧学院の雀は蒙求を囀る」の語源は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: