家庭科

蕎麦のおいしい食べ方は?ゆでたら保存できる?豆知識や注意点も元保育士がわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

蕎麦を太巻きの白米代わりに使う蕎麦巻き寿司や、いなり寿司の中身にする蕎麦いなりという料理もあるそうだ。作ることを考えるとものすごく手間がかかりそうだよな。

蕎麦の食べ方にまつわる豆知識

image by iStockphoto

日本人にとってなじみ深い蕎麦には、土地や時代の文化が反映された風習も現代まで多く残っていますよ。知っていると少しお得な豆知識を紹介します。

その1.蕎麦は音を立てて食べるのがマナー?

ゆで蕎麦は蕎麦の香りがわかりづらく、空気を一緒にすすり込んで鼻から抜くようにして食べることで蕎麦の香りをより感じられるとされる説があります。

他にも、江戸で流行った蕎麦は気取らず食べられる庶民の料理なのでマナーを気にしなくてもよかったという説、江戸の蕎麦屋には男性客が多く、音を立てて豪快にすすって食べるのが粋だと江戸っ子の間で流行ったという説もありますよ。現代では必ずしもすすって食べる必要はありませんし、すする音を不快に感じる人もいるので気負わずに美味しく食べるのがよいでしょう。

その2.蕎麦湯ってなに?

蕎麦湯は、蕎麦店などで食後に出されることの多い蕎麦のゆで汁です。白くてとろみがあり、少し粉っぽい蕎麦の風味が鼻に抜ける素朴な味わいがします。蕎麦湯には蕎麦の栄養成分が溶けだしているので飲んでみることをおすすめしますよ。ストレートで飲んだり、つゆで割って飲んだりもします。

蕎麦湯を飲むのは主に東日本の文化で、西日本の人は蕎麦湯自体を知らない、ゆで汁を飲むということ自体が信じられないという人もいるようですよ。蕎麦湯自体というより西日本ではそばよりうどん文化が栄えているためという説もあります。

その3.縁起をかつぐ年越し蕎麦・引っ越し蕎麦

年越し蕎麦は、蕎麦のように細く長く生きられるようにと健康長寿を願って大晦日に食べる蕎麦です。また、家族の縁が続くようにという説や、蕎麦は切れやすい食べ物であることから旧年の厄や嫌なものごと・人との縁を切るために食べるという説もあります。

引っ越し蕎麦は、現在では引っ越してきた本人たちが食べたり手伝ってくれた人たちにふるまうことが多いようですが、元々は「そば(側)に引っ越してきました」というしゃれを含んだご近所への挨拶品でした。

その4.東西で違うインスタントカップ蕎麦

実はうどんや蕎麦は日本の東西で味に違いがあり、それぞれの土地の人が別の土地の蕎麦を食べると「つゆの色が違う!」と驚くことも多いそうです。西日本では薄口しょうゆや昆布だしでとられた透き通ったつゆが一般的で、東日本のかつお出汁や醤油で作られたつゆでは色が濃く、つゆが黒いと表現されることもあります。

一部のメーカーのインスタントカップ蕎麦にはこのスープの東西の違いが反映されているので、食べ比べてみるとおもしろいですよ。

\次のページで「その5.世界ではソバはどんな風に食べられる?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: