家庭科

ひきわり納豆は粒納豆と何が違うの?栄養成分や効能・注意点も主婦歴15年のママライターが詳しくわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事ではひきわり納豆についてみていくぞ。ひきわり納豆っていうのは、粒の納豆を刻んだだけじゃないらしいんだ。作り方や栄養効果にも違いがあるようだぞ。今回はそんなひきわり納豆について料理が趣味の主婦ライターいわさゆこと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/いわ さゆこ

4人の子供を持つ主婦ライターいわさゆこです。自身も、子供達もひきわり納豆が大好きで、よく食べますね。そのままは勿論、アレンジして料理にも使っています。ひきわり納豆に含まれる栄養効果で毎日健康に過ごしていますよ!

ひきわり納豆ってどんな納豆?

image by iStockphoto

細かく刻まれたひきわり納豆は使い勝手がよく、好んで購入する方も多いでしょう。スーパーで納豆売り場を見ると粒納豆と並んでひきわり納豆が並んでいますが、皆さんはどのような基準で選んでいますか?ひきわり納豆って、粒納豆を刻んだだけだと思っている方は少なくないですが、実はひきわり納豆と粒納豆では、違いがあるんです!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

粒納豆とひきわり納豆にはどんな違いがあるんだ?見た目や食感だけだはなく栄養効果にも着目して見てみるぞ。

粒納豆と何が違うの?

粒納豆とひきわり納豆は製法が異なります。ひきわり納豆は、発酵する前に大豆を細かく割り、皮を取りいてから発酵させるのです。粒納豆を細かくすればひきわり納豆になるというわけではないのですね。

ひきわり納豆は挽き割っているため、納豆本来の旨みが際立っているのが特徴になります。加えて、皮も取り除かれているため柔らかく、なめらかな食感を持つだけでなく消化にもよいとされているんです。一方、粒納豆は大豆の食感や歯ごたえを感じることができるのが特徴になります。

【粒納豆】
1.大豆を水に浸す
2.煮る
3.納豆菌をかける
4.発酵させる

【ひきわり納豆】
1.大豆を挽き割る
2.皮を取り除く
3.水に浸す
4.煮る
5.納豆菌をかける
6.発酵させる

ひきわり納豆に含まれる栄養成分は?

image by iStockphoto

ひきわり納豆にはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。粒納豆より多く含まれている主な栄養素について解説します。

その1.ビタミンK

ビタミンKは粒納豆に比べてひきわり納豆に約1.5倍含まれている脂溶性のビタミンです。出血した時に血液を固める働きを活性化し、止血を助けてくれます。ビタミンKはひきわり納豆以外にも緑黄色野菜などに多く含まれているのです。

人体の腸内細菌もビタミンKを合成しているため、極端に不足することは稀ですが、抗生物質を長期間服用していると腸内細菌にも影響が出て、ビタミンKが不足する場合があります。

その2.パントテン酸

パントテン酸はビタミンB群の一種で、水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンです。パントテン酸は糖や脂肪酸の代謝を手助けしてくれます。パントテン酸が欠乏した場合は、頭痛や疲労、手足のしびれや灼熱感などの症状が起こる場合があることを覚えておきましょう。

その3.ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質代謝を手助けしてくれるビタミンです。炭水化物などの糖質をエネルギーに変換し、疲労回復にも大きな役割を果たします。また、脳や神経系の円滑な情報伝達にも欠かせないビタミンでもあるのです。

ビタミンB1が不足すると、十分にエネルギーを産生できなくなります。その結果、食欲不振や疲労、だるさなどの症状が現れる事があるのです。

その4.リン

リンには神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。遺伝をつかさどる核酸を構成したり、細胞の成長と分化やエネルギーの運搬を行う時に必要な栄養素です。リンが不足すると、新陳代謝が低下し筋肉の衰えや体のだるさを引き起こしてしまいます。リンは様々な生理機能の維持に必要な役割を担っていますので、重要な栄養要素です。

\次のページで「ひきわり納豆を食べるとどうなるの?効果や効能を解説!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: