IT・プログラミング雑学

ラインとメールの違いとは?どっちが便利?雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

ライン:無料の通話機能がある

ラインには、通話機能があります。しかも、この機能はどれだけ話しても無料なのです。ラインの特徴として、気軽に会話するためというものがありました。ライン通話は、メッセージではなく早急に伝えたい時に活躍します。また、複数人で通話したり、携帯画面の共有もできたりするので、とても便利ですよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

例えば、友人とメッセージで待ち合わせ場所を決めたが、いざ待ち合わせの場所に行っても相手がいなかった!と言う時があるよな。そんな時にライン通話を使って、お互いの現在地を確認すると良いだろう。

メール:通話機能がない

メールはラインと異なり、もちろん通話機能が存在しません。

ビジネスの場面でよく利用されるコミュニケーションルールとして、メールと電話が挙げられます。それぞれ、適切な使い方をすることで効率良く業務をこなすことができるのです。電話は、迅速な対応が必要な時や相手に細かいニュアンスなどを伝えたい時に適しています。一方で、メールの場合、やり取りの内容を残したい場合や一度に複数人に伝えたい時に向いていますよ。

メールには通話機能がありませんが、電話とメールを上手に使い分けることで、より良く仕事をこなしていけることでしょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ラインはメールと比べると、日常的に使いやすいようだな。ただ、連絡する相手と一定の距離を保ちたい場合(職場の人など)は、メールが最適だと言えるだろう。

ラインは気軽に、メールは重要事項に

ラインとメールの違いについて解説しました。ラインは家族や友人と気軽に連絡する際に使われることが多いのに対し、メールはビジネスの場面など重要事項について伝える時に使われるのでした。このような違いがあるのは、既読機能や通話機能の有無などが関係しているのでした。

ラインとメールをそれぞれのシチュエーションに合わせて使うようにしましょう。

1 2 3
Share: