IT・プログラミング雑学

ラインとメールの違いとは?どっちが便利?雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではラインとメールの違いについてみていくぞ。どちらも、幅広い年齢層の人が利用している現代のコミュニケーションツールだよな。どちらも便利で欠かせない存在なのだが、どのような違いがあり、どのように使い分けると良いのだろうか。
今回は、そんなラインとメールの違いを、使い方やいくつかの機能に着目しながら、雑学好き現役大学院生ライターのききと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

ラインとメールの最大の違いとは?

image by iStockphoto

現代の社会では、ラインやメールを始めとする様々なツールでコミュニケーションを取りますよね。そんな、日本でも多くの人が利用するラインとメールはどのような違いがあるのでしょうか。ラインとメールの最大の違いは「利用するシチュエーション」です。

ラインと言えば、家族や友人など近しい人たちと気軽にメッセージを送る際に使います。堅苦しい雰囲気ではなく、会話するようにサクサクとやり取りすることができますよね。

一方で、メールの場合は、会社などのビジネスの場ではもちろん、大学の事務所や先生方に何か連絡をする際、メールを使うという方が多いのではないでしょうか。重要な内容を伝えたり、確認したりする時はメールがうってつけです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

このような違いが両者の間に生まれるのは、それぞれの特徴があるからだ。ラインとメールの違いに触れながら両者の違いについて詳しく解説していくぞ。

違い1:使用の方法

ラインとメールの1つ目の違いは、それらの使用の方法です。似たようなコミュニケーションツールでも、表示のされ方や操作方法が異なります。ここでは、ラインとメールの取得の仕方を始め、画面での表示のされ方などについて解説していきます。

ライン:アプリをダウンロードする

ラインはスマートフォンなどにダウロードすることで利用できる無料アプリ。日本では、日常的なツールとして利用する人が多いでしょう。

ラインでは、1対1の会話はもちろん、複数人でグループを作って会話もすることができます。相手とのメッセージのやり取りは、トーク画面で確認でき、画面の右側の吹き出しには自分のメッセージが、画面の左側の吹き出しには相手のメッセージが表示されるのです。

吹き出しで表示されていることもあり、直接会って会話しているような雰囲気になりますよ。

\次のページで「メール:携帯会社のアドレスやフリーメールのアドレスを使う」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: