雑学食べ物・飲み物

マカロニとパスタの違いとは?どんな種類があるの?おすすめレシピも雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

マカロニ:アメリカの家庭料理と言えば、「マカロニアンドチーズ」。
ペンネ:ペン先のような見た目が特徴的。
コンキリエ:中に具を詰め込んで食べることも。
ルオーテ:車輪のような見た目が特徴的。
ファルファッレ:外は柔らかく、中はしっかりとした食感。
ニョッキ:ジャガイモと小麦粉で作られる。

マカロニに合う料理とは?

ここからは、マカロニを使ったおすすめの料理をご紹介します。マカロニにパスタソースをかけるというシンプルなものも美味しいですが、マカロニならではの食感を楽しめる料理もいくつもありますよ。今回は、3つのレシピをご紹介しますね。

おすすめレシピ1.グラタン:チーズとの相性抜群!

image by iStockphoto

マカロニは、とにかくチーズとの相性が抜群!そのため、マカロニをグラタンに使うことに向いています。中でも、エビや鮭、ホタテなどのシーフード系のマカロニグラタンが特におすすめです。他にも、なすやトマトなどの野菜を使ったさっぱりとしたマカロニグラタンも楽しめますよ。マカロニの食感がより、グラタンの良さを引き出してくれます。

おすすめレシピ2.マカロニサラダ:マヨネーズは欠かせない!

日本でマカロニといえば、マカロニサラダを思い浮かべる方が多いでしょう。マカロニサラダでは、マヨネーズと野菜が欠かせません。コーンやブロッコリー、キャベツなどにマヨネーズを加えれば、野菜が苦手な方でも美味しく食べられるでしょう。

おすすめレシピ3.スープ:野菜をたっぷりと!

3つ目のマカロニのおすすめレシピはスープです。特に、キャベツやトマト、タマネギなど野菜をふんだんに使ったマカロニスープは絶品!野菜もたっぷり摂取できるで、栄養満点ですよ。コンソメを使ったシンプルなものから、牛乳やクリームで煮込んだ濃厚なものまで、その味付けの仕方は幅広いです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

マカロニは、ここで紹介した料理の他に、色々なアレンジができるぞ。

マカロニはパスタの1種!

パスタは小麦粉を練ることで作られる食品の総称でした。また、マカロニは小麦粉を練って作られる食品で、パスタの1種に分類されます。さらにマカロニは、パスタソースをかけて食べることはもちろん、グラタンやスープなど様々な調理方法でアレンジすることができる優れものでしたね。

パスタには長さや形状など多種多様なものがあり、それぞれに合う調理方法もあります。気になるパスタがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

1 2 3
Share: