雑学食べ物・飲み物

マカロニとパスタの違いとは?どんな種類があるの?おすすめレシピも雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

パスタの種類とは?

パスタは小麦粉を練った食品全般のことを指すのでした。そんなパスタにはどのような種類があるのでしょうか。実は、パスタはその長さによって、「ロングパスタ」と「ショートパスタ」の2つに大別することができるのです。ロングパスタとショートパスタに分けながら、パスタの種類について解説していきますね。

ロングパスタ:スパゲッティやラザニアなど

パスタといえば、ロングパスタを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ロングパスタは、長さが25cm前後のパスタのことを指します。スパゲッティを始め、太くて平らなラザニアやスパゲッティより太めのタリアテッレ、ストローのような形をしたツィーテなどがロングパスタに分類されますよ。

太さが数ミリメートル異なるだけで茹で時間や、最適な調理方法、味付けも変わるのです。ロングパスタの種類を以下にまとめました。気になるロングパスタは、ぜひ試してみてくださいね。

スパゲッティ:断面が円形で、太さが2.0mm前後のパスタ。
カペリーニ:断面が円形で、太さが1.3mm以下。冷製パスタにピッタリ。
タリアテッレ:平らな麺で、幅が約8mm。生地に野菜を練り込むことも。
ツィーテ:直径が5mmから8mmでストローのような見た目。英語名は、「ロングマカロニ」。
ラザニア:板状の麺。日本でのラザニアは料理名だが、実はパスタの名前。

ショートパスタ:マカロニやペンネなど

image by iStockphoto

ショートパスタはその名の通り、短いパスタのことを指します。様々な形状があるので、多種多様な食感やアレンジ楽しめることが特徴的。今回のテーマであるマカロニもこのショートパスタに分類されますよ。マカロニのほかに、ペンネや蝶ネクタイのようなファルファッレ、貝殻のようなコンキリエなどもショートパスタなのです。

以下にショートパスタの種類をまとめました。知らぬ間に食べているショートパスタもあるかもしれませんね。

\次のページで「マカロニに合う料理とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: