雑学食べ物・飲み物

3分でわかる赤身魚と白身魚の違い!青魚や光り物との関係は?味わいや栄養素まで雑学好きライターがわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「赤身魚」は長距離を泳ぐために栄養素が豊富なため、味わいが濃厚。これに対して「白身魚」はタンパク質こそ豊富なものの、その他の栄養素が少ないため料理の幅が広く日持ちも長い。それぞれに良い点があるんだな!

赤身魚と白身魚は身の色素が違う

ここまで「赤身魚」と「白身魚」の違い、関連する「青魚」と「光り物」について、そして「赤身魚」と「白身魚」の味と栄養素について語ってきました。

筆者はお寿司屋さんに行くと「白身魚」を注文してから「赤身魚」を注文します。段階的に味や脂の濃厚さを高めて味わおうと思うからです。みなさんも「赤身魚」と「白身魚」の違いを理解した上で、自分なりに魚料理の楽しみ方を見つけてみてください。

1 2 3
Share: