家庭科

かぼちゃの旬は2回ある?産地や種類・選び方もフリーランス料理人がわかりやすく解説

3.重さと形も重要!

かぼちゃの重さと形もとても重要です。重さに関しては、ずっしりとしていて中身が詰まっている物を選びましょう。形に関しては、きれいに左右対称で整っているものを選びましょう。左右非対称のものやへこみがあるかぼちゃは、受粉が上手くいかず十分に成長しなかった可能性があります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

すでにカットされている、かぼちゃの選び方を教えよう。ポイントは3つだ。1つは、果実のオレンジ色が濃いものを選ぼう。2つ目は、タネがしっかりと膨らんでいるものを選ぼう。タネがへこんでいるかぼちゃは、未熟なうちに収穫されたものである可能性が高いんだ。3つ目は、皮のギリギリまで実が詰まっているものを選ぼう。皮と果実がグラデーションになっておらず、境界線がはっきりしているものが良いぞ。これで美味しいかぼちゃをゲットできるな。

かぼちゃの旬と種類を覚えて、美味しいかぼちゃを選ぼう!

かぼちゃの旬は、秋から冬にかけてということが分かりましたね。収穫時期と旬が違うことも、興味深いですね。また日本で売られているかぼちゃのほとんどは、西洋かぼちゃということも驚きでした。かぼちゃを選ぶ際は、ヘタが重要なキーワードでしたね。忘れやすい内容なので、メモしておきましょう。今回のかぼちゃの知識を活かして、美味しいかぼちゃを選べるようになりましょう!

1 2 3 4
Share: