言葉の意味雑学

3分でわかる順守と遵守の違い!ビジネスではどちらを使えばいい?由来や使い分けも雑学好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回のテーマは「順守」と「遵守」の違いについてだ。
「法令順守」と「法令遵守」など、それなりに見かけるものの明確な違いが分からない人も多いだろう。
「順守」と「遵守」の違いはいったい何なのか。雑学好きライターのおおつけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

順守と遵守の違い

image by iStockphoto

スマートフォンやパソコンで「じゅんしゅ」と入力すれば「順守」と「遵守」という予測変換が表示されます。仕事などで「どちらの漢字を使った方がいいのだろうか」と迷った人もいるかもしれません。今回は「順守」と「遵守」の違いについて解説していきます。

どちらも同じ意味

結論から言うと「順守」と「遵守」に意味上の違いはありませんどちらも「言いつけ、きまり、法律などにそむかず、それをよく守ること」という意味です。あくまで表記の違いでしかないんですね。

たとえば「法令順守」と「法令遵守」では、どちらも法令をしっかり守るという意味自体に差はありません。「順法精神」と「遵法精神」も、法を強く守るという精神を表す同義語です。

遵守のほうが厳しめなニュアンス

意味としては同じですが、漢字という表意文字を使っている以上、漢字から受けるニュアンスの違いがあります。「遵」は「しんにょう」に「尊い」と書く漢字。「しんにょう」には「行く、進む」という意味があるため、「尊重して進む」というニュアンスがあります。結果として、ルールを尊重した上で進めていく、つまり厳しめなニュアンスが「遵守」にはあるのです。

ちなみに「尊守」という書き方は完全な誤用。そのような二字熟語は存在していませんので、使用しないようにしましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「順守」と「遵守」は表記の違いでしかなかったのか!ただ漢字そのものが持つニュアンスから、「遵守」の方が厳しめな印象を受けるようだ。

なぜ2通りの書き方が存在するの?

image by iStockphoto

「順守」と「遵守」の意味は同じであることをご理解いただけたと思います。しかしここで気になるのは、なぜ2種類の表記が存在しているのかですよね。ここでは「順守」と「遵守」のどちらも使われるようになった由来について解説していきます。

\次のページで「元々は遵守だけだった」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: