みんなはイワシが好きか?匂いが苦手だという人も少なくないでしょうな。イワシは下処理で生臭さを抑えることができるようです。下処理の仕方や上手な保存方法を知れば今日から実践できること間違いなしだ!そんな方法を主婦ライターいわさゆこと一緒に解説していきます。

ライター/いわ さゆこ

主婦歴15年のいわさゆこです。趣味は料理と読書。健康を意識した食事つくりを心がけています。自身を含め、4人の子供たちも魚料理が大好きです。時期を選ばず通年手に入るイワシは、栄養満点でお値打ち!工夫次第で飽きずに食べられますよ。

イワシを美味しく食べるための下処理方法を知ろう!

image by iStockphoto

イワシを美味しく食べるためには、どうしたらいいと思いますか?まず、新鮮なイワシを手に入れることですよね。青魚の生臭さの主な原因鮮度ぬめり内臓にあります。ポイントを押さえれば生臭さは簡単に抑えることが出来ますよ。イワシは身がとても柔らかいので、傷つけないように丁寧に扱いましょう。

1.イワシは鮮度が命!

食材全般に言えることですが、特に青魚は鮮度が大切と言えます。獲れてから適切な温度で管理され、経過時間の短いものの方が新鮮です。全体的に青く光っていて、目に透明感があり、エラが鮮やかな紅色のものを選びましょう。鮮度が落ちたものは、新鮮なものに比べ生臭い匂いが強くなります。

2.ウロコはきれいに取ろう!

イワシに限らず魚にはウロコがあり、ウロコがぬめる事で臭いの原因になる細菌が繁殖します。ですから、さばく前にウロコをしっかり取ることで、細菌の繁殖を防ぎ、生臭さを抑えることが出来るのです。また、ウロコが残っていると、食べたときに口当たりが悪くなるので完全に取り除いておきましょう。魚全体に多めの塩を振り、5分程度置くと生臭さの原因が含まれた水がじわじわと浸みだしてきます。

3.内臓は残さず洗い流そう!

内臓はしっかり取り除きましょう。取り除いたらきれいに水洗いします。骨に沿って血合いがあるので丁寧に洗い流して下さい。血合いが残ると生臭くなったり、味が悪くなってしまいます。魚を洗う水の温度が高いと腐敗が進む原因になってしまうので、氷水を使うといいですよ。また、氷水に少しだけお酢を加えると消臭効果が高まります。

\次のページで「イワシって保存できるの?どうやって保存するのが正解?」を解説!/

イワシの下処理は、包丁やまな板を使わない手開きも簡単ですよ!最初は難しく感じるかも知れませんが慣れれば1匹1分程度で出来ますので、挑戦してみる価値ありだと思いますよ。

イワシって保存できるの?どうやって保存するのが正解?

image by iStockphoto

イワシは傷むのが早い魚だと聞くし、入手して直ぐに食べないといけないのかなと疑問に思いませんか?保存できても、美味しく食べられないのであれば、残念ですよね。そんな残念な思いをせずに済むように保存の仕方をお伝えします。

その1.冷蔵する

イワシを入手したら、直ぐに冷蔵庫で保管しましょう。そして出来るだけ早く調理して食べるようにします。冷蔵庫では長期間の保存はできませんので、その日のうち、もしくは次の日には食べるようにして下さい。ウロコや内臓を取り除く下処理をしてから保存することが望ましいです。

その2.冷凍する

上手く冷凍すれば臭みも少なく2週間程度は美味しく食べられます。冷凍する場合は必ず下処理を施してからにしましょう。買ってきたそのままを冷凍することはおすすめしません。血や内臓は傷みやすく生臭い原因になってしまいます。

血や内臓をきれいに取り除き、ウロコも落としてから冷凍庫に入れて急速冷凍すれば美味しい冷凍魚が出来るんです。イワシを冷凍する際は調味液に付け込んだり、フライ用に衣をつけるなど下味をつけてから冷凍するのもいいですね。直ぐに調理出来て時短にも繋がります。

その3.乾燥させる

乾燥させれば日持ちすると思うかもしれませんが、大幅に日持ちさせることは出来ません。干しても完全に水分が抜けきった状態ではありませんので、冷蔵庫に保管して4.5日で食べ切ることが望ましいです。

食べきれない場合は一つづつラップで包み、ジップロックにいれて空気を抜いた状態で冷凍させれば保管日数を伸ばせます。

魚を干物にする場合は塩水に漬ける下処理を行うのですが、下処理をすることによって魚肉の水分が抜け魚本来の旨味も増すんですよ。イワシは干すことでカルシウムやビタミンDの含有量が増えることがわかっています。干物をつくりたいけど、外には干せない、または干したくないという方には浸透圧脱水シートと言うものがありますので、検討してみてはいかがでしょうか?

\次のページで「イワシをもっと美味しく食べたい!おすすめの食べ方3選をご紹介!」を解説!/

イワシをもっと美味しく食べたい!おすすめの食べ方3選をご紹介!

image by iStockphoto

イワシにはDHAや、カルシウム、タンパク質、鉄分、リンなど健康に良いとされている栄養素がたくさん含まれているので、積極的に摂りたい食材です。しかし、イワシを料理するって何だか難しそうと思っていませんか?そんなあなたにおすすめの食べ方3選をご紹介します。

1.イワシの旨味をそのまま!イワシの塩焼き

イワシの塩焼きはシンプルに塩を振って焼くだけです。シンプルなのでイワシの旨味がダイレクトに伝わるので、塩にこだわってみるのもいいですね。焼くときに焦げやすいヒレと尾っぽにもたっぷり塩をつけておいて下さい。グリルかフライパンで焼けますが、フライパンよりグリルの方が火の通りが早くムラが少なく焼けます。香ばしくてふっくらした身が食欲をそそりますね!

2.定番!ごはんが進むイワシの煮つけ

甘辛い煮つけは白いごはんんによく合いますよね。ショウガと一緒に煮たり、梅煮でさっぱりと頂くのもおすすめです。ショウガも梅も魚の臭みを消してくれる効果が期待できますので一緒に調理したい食材なんですよ。

基本の味付けなら、間違いなし!甘めが好き、しょっぱめが好きなど好みに合わせて調味料を調節すれば、家庭独自の味を出すこともできますよ。圧力鍋で調理することで骨ごと食べられ、イワシの栄養素を逃さず効率的に摂取することが出来ます。

3.缶詰でアレンジレシピ

イワシの缶詰と言えば、アンチョビやオイルサーディンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。アンチョビはカタクチイワシを三枚におろし、塩漬けにしたまま熟成・発酵させたものです。非加熱で塩を効かせることで長期保管を可能にしています。

アンチョビは塩気が強く、濃厚な味わいなので、味のアクセントとしてキャベツやジャガイモなどの野菜と炒めたりパスタに入れるのがいいでしょう。オイルサーディンはイワシ類の頭と内臓を取り除き、油漬けにして熱を加えたものです。

オイルサーディンはトマトや玉ねぎと相性が良いのでマリネで食べてみてはどうでしょうか。バケットに乗せてチーズと一緒にトースターで軽く焼いても美味しいですよ。朝食に食べれば、栄養たっぷりでお昼まで頑張れそうですね!

イワシを上手に保存して美味しく食べよう!

この記事ではイワシの下処理の方法や保存法についてお伝えしました。イワシには健康維持に役立つ栄養素が豊富に含まれていますので、食べきれない場合は、上手に保存して日々の食事に取り入れていきましょう!

" /> イワシの下処理って難しいの?美味しさをキープする保存方法やおすすめの食べ方も主婦歴15年のママライターが詳しくわかりやすく解説! – Study-Z
家庭科

イワシの下処理って難しいの?美味しさをキープする保存方法やおすすめの食べ方も主婦歴15年のママライターが詳しくわかりやすく解説!

みんなはイワシが好きか?匂いが苦手だという人も少なくないでしょうな。イワシは下処理で生臭さを抑えることができるようです。下処理の仕方や上手な保存方法を知れば今日から実践できること間違いなしだ!そんな方法を主婦ライターいわさゆこと一緒に解説していきます。

ライター/いわ さゆこ

主婦歴15年のいわさゆこです。趣味は料理と読書。健康を意識した食事つくりを心がけています。自身を含め、4人の子供たちも魚料理が大好きです。時期を選ばず通年手に入るイワシは、栄養満点でお値打ち!工夫次第で飽きずに食べられますよ。

イワシを美味しく食べるための下処理方法を知ろう!

image by iStockphoto

イワシを美味しく食べるためには、どうしたらいいと思いますか?まず、新鮮なイワシを手に入れることですよね。青魚の生臭さの主な原因鮮度ぬめり内臓にあります。ポイントを押さえれば生臭さは簡単に抑えることが出来ますよ。イワシは身がとても柔らかいので、傷つけないように丁寧に扱いましょう。

1.イワシは鮮度が命!

食材全般に言えることですが、特に青魚は鮮度が大切と言えます。獲れてから適切な温度で管理され、経過時間の短いものの方が新鮮です。全体的に青く光っていて、目に透明感があり、エラが鮮やかな紅色のものを選びましょう。鮮度が落ちたものは、新鮮なものに比べ生臭い匂いが強くなります。

2.ウロコはきれいに取ろう!

イワシに限らず魚にはウロコがあり、ウロコがぬめる事で臭いの原因になる細菌が繁殖します。ですから、さばく前にウロコをしっかり取ることで、細菌の繁殖を防ぎ、生臭さを抑えることが出来るのです。また、ウロコが残っていると、食べたときに口当たりが悪くなるので完全に取り除いておきましょう。魚全体に多めの塩を振り、5分程度置くと生臭さの原因が含まれた水がじわじわと浸みだしてきます。

3.内臓は残さず洗い流そう!

内臓はしっかり取り除きましょう。取り除いたらきれいに水洗いします。骨に沿って血合いがあるので丁寧に洗い流して下さい。血合いが残ると生臭くなったり、味が悪くなってしまいます。魚を洗う水の温度が高いと腐敗が進む原因になってしまうので、氷水を使うといいですよ。また、氷水に少しだけお酢を加えると消臭効果が高まります。

\次のページで「イワシって保存できるの?どうやって保存するのが正解?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: