暮らし雑学

3分でわかる庶務と総務の違い!どんな業務内容?事務や労務との関係性も雑学好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。会社などの組織の中でよく耳にする「庶務」と「総務」。
縁の下の力持ちとして多くの組織を支えているこの2つだが、何が違うのかわからない人も多いんじゃないか?
今回はサラリーマンとして複数の会社で勤務してきたおおつけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

庶務と総務の違い

image by iStockphoto

組織のサポート役として重要な「庶務」と「総務」。どちらも事業内容そのものを運営するというより、組織運営のサポートを行う職種であることはなんとなくおわかりかと思います。この両者の違いは何なのでしょうか。ここでは「庶務」と「総務」の違いについて解説していきます。

庶務:担当部署のサポート

「庶務」は担当となっている部署、部門などの業務を円滑にするためのサポートが主な仕事です。会社の場合は、支社や支店などの事業所単位や地域単位に存在していたりします。代表的な業務内容は担当部署の備品の発注、書類の作成や伝票処理、データ入力、郵便物の発送や受領などです。

総務:組織全体のサポート

これに対して「総務」は会社などの組織全体をサポートする役割を担っています。基本的な業務内容は「庶務」と同じですが、発注や書類作成の対象範囲は組織レベルです。

また組織によっては「庶務」側の統括、つまり複数の担当部署をまとめて管理する立場であることも。たとえば「庶務」側が申請した発注をまとめて一括した発注を行ったり、「庶務」側が入力したデータを統合して整理したりします。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「庶務」は担当部署のサポート役、「総務」は組織全体のサポート役にあたるんだな。それぞれ業務の対象範囲によって名称が異なると言えそうだ。

それぞれ固有の仕事はあるの?

image by iStockphoto

「庶務」と「総務」の違いは業務範囲にあることはおわかりいただけたと思います。では両者の業務内容はまったくもって同じなのでしょうか。答えはノーです。ここでは「庶務」と「総務」それぞれに固有の業務を解説していきます。

次のページを読む
1 2 3
Share: