家庭科

みりんにはどんな種類がある?正しい保存方法やみりんの代用品も管理栄養士が詳しく解説

みりんの正しい保存方法は?

3種類あるみりんは保存方法にも違いがあります。常温保存出来るのは本みりんや発酵調味料(みりんタイプ)。またみりん風調味料は常温保存ではいけません。そのため冷蔵保存する必要があります。次の章ではそれぞれの違いについて、理由を解説していきますね。

本みりんやみりんタイプは常温保存

本みりんと発酵調味料(みりんタイプ)は、アルコール度数が14パーセント前後ありましたね。そのため、開栓後でも常温での保存がききます。ただし、直射日光の当たらず、温度の変化が少ない冷暗所で保存するようにしましょう。

みりん風調味料は冷蔵保存

image by iStockphoto

みりん風調味料はアルコール度数が1パーセント未満。つまりアルコールが少なく、保存性が低い特徴があります。そのため、一度開栓したみりん風調味料は、冷蔵庫で保管するように注意しましょう。

みりんは冷凍保存も出来る?

みりんの種類によって常温・冷蔵保存に分かれましたが、冷凍保存は出来るのでしょうか?本みりんと発酵調味料(みりんタイプ)は、冷凍保存もいいかと思ってしまいますが、実はNG。本みりんと発酵調味料(みりんタイプ)に含まれる糖分は冷たい環境に置かれると白い結晶になってしまい、分離してしまいます。またみりん独特の風味や香りが損なわれてしまう原因にも。そのため、冷凍保存はできません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

調味料はなんでも常温保存出来ると思いきや、みりん風調味料は常温保存に適していないことがわかったな。逆に、本みりんと発酵調味料(みりんタイプ)は、冷蔵保存では品質が変わってしまうものがあることもわかったぞ。次の章では、みりんが劣化するのか、また劣化した場合どうなるのか引き続き解説していくぞ。

みりんって劣化する?

そもそも、みりんは劣化するものなのでしょうか?実はみりんも他の調味料と同じく、賞味期限が切れたり、誤った保存方法をすることによって劣化する恐れがあります。次にみりんが劣化するとどのような変化があるのか、詳しく解説していきましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: