家庭科

みりんにはどんな種類がある?正しい保存方法やみりんの代用品も管理栄養士が詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではみりんにはどんな種類があるのか、また正しい保存方法やみりんの代用品についてみていくぞ。みりんってスーパーにいろいろな種類のものが置いてあるよな。種類によってどんな違いがあるんだ?あと料理で使いたいのに、うっかりみりんを買い忘れてた時にはどんなもので代用出来るんだ?今回はそんなみりんについて、管理栄養士のなぎさと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/なぎさ

食べることと料理を作ることが大好きな管理栄養士。得意料理はオムレツとから揚げ。食材についてわかりやすい言葉で解説します。

みりんってどんな種類があるの?

image by iStockphoto

家庭で煮物や煮魚などの和食に使うシーンの多いみりんは、スーパー等でいろいろな種類があり、値段も物によって違いますよね。私は管理栄養士になる前、みりんに種類があることを知らず、原材料が少し違うだけで値段が違うのかな?と思っていました。

しかし、実は「本みりん」「みりん風調味料」「発酵調味料(みりんタイプ)」と3種類に分かれているみりん。次の章からは、それぞれのみりんの種類別の違いについてご紹介していきます。

本みりん:お米から作られるお酒の仲間

本みりんもち米・米麹・アルコールや糖類を原材料としており、1ヶ月以上長期熟成され作られる、アルコール度数が14パーセント前後あるお酒。酒税法によりお酒を販売できる免許があるお店でないと、販売することができません。調味料として家庭でも広く使われていますが、子どもがいる場合は、よく加熱してアルコールを飛ばすようにしましょう。

みりん風調味料:本みりんに似せて作られたお酒ではない調味料

みりん風調味料は、本みりんと異なる原材料で作られるものです。みりん風調味料の原材料はぶどう糖や水あめに、香料やうまみ成分を加えて作られ、本みりんに比べると製造期間が短いため安価で売られています。またアルコール分が1パーセント未満であるため、お酒の仲間ではありません。

発酵調味料(みりんタイプ):本みりんに塩分を添加した調味料

発酵調味料(みりんタイプ)は、製造方法や原材料が本みりんと変わりません。しかし、塩を加えることでお酒として飲むことが出来ないため、調味料の仲間です。また製造方法が本みりんと同様のため、アルコール度数が14パーセント前後あります。ただし、本みりんと異なり酒税がかからないため、安価で購入が可能です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

みりんは「本みりん」「みりん風調味料」「発酵調味料(みりんタイプ)」と3種類あることがわかったな。また、タイプによってお酒なのか、調味料なのかも違いがあったな。今度みりんを買う時には、ラベルをよく見て、自分がみりんの中でどのタイプを買うのか理解して買ってみよう。

次のページを読む
1 2 3
Share: