化学理科

物が燃える条件とは?燃焼と酸素の関係を化学系科学館職員が解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「燃焼」について学ぶぞ。

ものが燃える、という現象は最も身近な化学現象のひとつだ。ものが燃えるという現象を、化学的には「燃焼」という。ところでみんなはなぜ物が燃えるか知っているか?ものが燃えるには大事な要素が3つある。それは可燃物・熱・そして酸素だ。

それでは燃焼と酸素の関係について、化学系科学館職員のたかはしふみかが解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/たかはし ふみか

高校は化学部、大学は工学部化学系の科学館職員。理科教育にかかわる仕事がしたかったので、科学館の仕事が大好き。

燃焼とは?どんな現象なの?

image by PIXTA / 82533239

まず、今回のテーマ「燃焼」について確認していきましょう。辞書で調べると燃焼とは次のように書かれています。

物質が空気または酸素の中で、光や炎をあげて燃える現象
(出典:コトバンク「燃焼」)

紙に火をつけると、燃えてやがて黒い炭となります。これが燃焼です。燃焼は激しい酸化熱と光を伴う化学反応とも呼ばれています。これは物を燃やすと可燃物が酸素と結びつく酸化という化学反応が起こり、化学エネルギー熱エネルギー光エネルギーが発生するためです。エネルギーと酸化についてはのちほど解説しますね。

燃焼に必要なものとは?

image by PIXTA / 71591263

冒頭でも言ったように、燃焼に必要な要素は3つあります。

可燃物

酸素

ここでバーベキューを思い浮かべてみましょう。バーベキューで火起こしをする時、まずマッチやライターで着火剤に火をつけて火起こし台に置きます。この着火剤が、火種の役割をしているのです。そして着火剤が燃えたらその上に炭を置き、うちわであおいで空気を送り込みますね。するとどんどん炭が燃えていきます。

この場合、炭が可燃物火が熱の役割を果たしているのです。そして送り込む空気に燃焼を助ける酸素が含まれています。

次のページを読む
1 2 3
Share: