家庭科

はちみつはどうやって作られるの?栄養や成分・効能も主婦歴18年のママライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。天然の健康食品として非常に人気の高いはちみつだが、どのようにして作られているか知っているか?今回は、はちみつに含まれる豊富な栄養成分、それに伴う効能なども主婦歴18年のママライター猫山メイコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/猫山メイコ

主婦歴18年のママライター。 野菜を使ったアレンジレシピが得意。 「家族にできるだけ健康的な料理を!」をモットーに日々奮闘する傍ら、カフェや保育園でも調理の仕事を担当。 この経験を生かして、食にまつわる様々な知識や疑問をわかりやすく紹介・解説していく。

はちみつの特徴

image by iStockphoto

健康や美容意識の高い人に大人気のはちみつ。食品や化粧品にもはちみつを使った商品がたくさんありますね。普段何気なく使っているはちみつですが、どんな特徴があるのでしょうか。これから詳しく解説していきますね。

蜜源によって味や色、とろみも違う

はちみつはミツバチが花の蜜を採集し巣の中で加工・貯蔵したものです。蜜源の花、つまりどんな花から取れたかで種類がわけられます。花の種類によって特徴は様々で、さわやかな味、まろやかな味、少し癖のある味などの違いがみられ、結晶化のしやすさや色やとろみも様々です。

8割が糖分、2割が水分

はちみつは約8割の糖分と約2割の水分によって構成され、ビタミンとミネラル類などの栄養素を含みます。料理や美容に使ったり、薬の代わりになったりと用途は様々です。本来はミツバチの食料なのですが、しばしば他の生物が採集して食料としています。

はちみつはどうやって作られるの?

身近な存在のはちみつですが、ミツバチは花の蜜を運ぶだけだと思っている方も多いと思います。ここからは、はちみつがミツバチによってどのように作られるかを詳しく解説しますね。

はちみつはミツバチが吐き出したもの?

image by iStockphoto

ミツバチが花の蜜を採取し、巣に帰ってから吐き出して貯蔵したものがはちみつです。実は、一度ミツバチの体内に入っているとは驚きですね。

ショ糖である花の蜜を、ミツバチは体内で自身が持つ酵素によってブドウ糖と果糖に分解します。蜜を巣に持ち帰った時点では水分量70%と非常に水っぽい状態です。それを巣にいる貯蔵係のハチに口移しで渡し巣に保管します。そして、貯蔵係のハチは自らの羽を羽ばたかせて水分を蒸発させるのです。70%の水分量が20%になるまで濃縮させたら、巣作り係のハチが蜜ろうによって蓋をします。その後じっくり時間をかけて熟成させ、やっとはちみつの出来上がり。

私たちが手にするはちみつは、養蜂場の方がこの巣の板を遠心分離機にかけフィルターで濾して不純物を取り除き瓶詰したものなのです。

\次のページで「はちみつの成分と栄養は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: