雑学食べ物・飲み物

3分でわかるロースとヒレの違い!どちらが柔らかい?特徴やおすすめ料理も雑学好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。とんかつ屋のメニューによくある「ロース」と「ヒレ」。この2つの違いがわからず、なんとなくで注文してしまう人も多いんじゃないか?
今回は「ロース」と「ヒレ」の違いについて、一番好きな部位はロースだと言う雑学ライターおおつけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

ロースとヒレの違い

image by iStockphoto

精肉店やスーパー、飲食店などでよく見かける食肉部位。中でも「ロース」「ヒレ」は、牛肉や豚肉で頻繁に見かける部位です。「今日のランチはロースカツ定食とヒレカツ定食、どちらにしようかな」と悩んだ人も多いのではないでしょうか。

しかしこの2つの違いを理解している人は意外と少ないのです。ここではそれぞれどの部分の肉なのかを解説していきます。

ロース:背中側の肉全体

「ロース」とは背中側の肉全体のことです。厳密には肩から腰にかけての部位で、深さは豚の鼻のあたりくらいまで。肩の部分は「肩ロース」として分けた扱いをされることもあります。

ヒレ:背骨に沿った部分

「ヒレ」は「ロース」より深い位置、背骨に沿った棒状の部位を指します。一頭からわずかしかとれない希少な部位です。そのため精肉店やスーパー、飲食店などでは一般的に「ヒレ」の方が高価になっています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「ロース」は背中側全体の広範囲な部位、「ヒレ」は背骨に沿った希少な部位をそれぞれ指しているんだな。どちらも体の中心より背中側にあるため、混同しがちだったようだ。

ロースとヒレの特徴

image by iStockphoto

「ロース」は背中側の肉全体を示すおおまかな言葉で、「ヒレ」は背骨に沿った希少な部分を示す言葉だとわかりましたね。では各部位ごとに味や食感の特徴はあるのでしょうか。ここでは「ロース」と「ヒレ」、それぞれの部位の特徴を見ていきます。

次のページを読む
1 2 3
Share: