家庭科

とうもろこしのゆで方は?レンジ調理できる?おいしい食べ方や保存方法も元保育士がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今回はとうもろこしの調理の仕方についてみていこう。料理の具やトッピングには割と相性を選ばないので、とうもろこしそのものを味わう調理法に注目だ。なるべく長持ちさせる保存方法も合わせて、10年以上食育指導に関わってきた元保育士ライター榎木えふと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/榎木えふ

現在は我が子の育児を楽しむ元保育士。家には冷凍コーンを常備している。面倒くさがりやなので簡単な調理や保存方法には詳しい。長らく食育に携わった経験も踏まえながら食に関する知識をわかりやすく発信していく。

とうもろこしを上手にゆでてかぶりつこう!

image by iStockphoto

生のとうもろこしが手に入ったら、まず思い浮かぶのはゆでて食べることではないでしょうか?とうもろこしは加熱すると甘みが増します。甘さだけでなく栄養もとじこめられる上手なゆで方をさっそくみていきましょう!

皮つきでゆでるのがポイント

ゆでる前の下処理として、ヒゲをとって皮をむきたくなるところですがお待ちください。とうもろこしは水分を逃さないために皮つきで茹でるのがおすすめです。外側の固い緑色の皮をむいたら、内側にある白っぽい薄皮を2,3枚を残しておきましょう。ラップのように実を包むことで水分を逃がさずジューシーに仕上がります

ヒゲもここではまだ残しておいてください。ゆであがったあとにヒゲの部分を左右にひっぱるようにすると、残っていた薄皮ごときれいにとれますよ。

ゆでかた1.お湯からゆでる

鍋や深めのフライパンにとうもろこしがつかる程度の塩水(塩の量は水の量の2~3%、お好みの塩気になるよう調整してください)を沸騰させて準備は完了です。薄皮のついたとうもろこしを入れて、沸騰後3分ほどゆでればできあがり

途中でとうもろこしを菜箸などでまわすか、耐熱のお皿をさかさまにしてかぶせておけば、重しとなってとうもろこしが浮かずにムラなくゆでることができますよ。お湯からゆでたとうもろこしはシャキッとした食感が楽しめます

ゆでかた2.水からゆでる

基本的にはお湯からゆでる方法と同じになりますが、水を沸騰させる前にとうもろこしを鍋に入れてしまいます。水にふれている時間が長く低温からゆっくり加熱されるため、よりふっくらと仕上がり甘みも増しますよ。沸騰してから3分でできあがりです。ゆであがったとうもろこしは熱いのでトングなどを使って気を付けて扱ってくださいね。

レンジ調理で栄養を逃がさず蒸す

電子レンジで手軽に蒸すこともできますよ。下処理はゆでる時と同じく薄皮を残した状態で、そのままレンジに入れて500ワットで5分(レンジによって調節してください)加熱するだけ!薄皮がとうもろこしの水分を守ってふっくらと仕上がります。水もラップも使わなくてよいとは驚きですね。このやり方では水を使わないので水に溶けやすいビタミンやカリウムなどの栄養が失われにくくなる、調理中に火についていなくてよいので暑くない、洗い物が出ないなどのメリットもあります。

薄皮をとったとうもろこしをゆでるときや加熱後そのまま保存したい場合は、ラップに包んでレンジにかければ同じように蒸すことができますよ。

次のページを読む
1 2 3
Share: