雑学

ブルースハープとハーモニカに違いはある?ハーモニカの種類や構造の違いを音楽好きライターがわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「キー」とか「調」とかよくわからないが、聞いたことならあるぞ。A調の曲を演奏するのに、C調のハーモニカを使ったら音がおかしくなるってことだろ?カラオケで伴奏を半音下げて、歌を原曲キーのまま歌ったら気持ち悪いのと同じ感じ、だよな?

クロマチックハーモニカ:半音階

クロマチックハーモニカでは半音(クロマチック)を出すことができます。半音を出せるハーモニカはクロマチックハーモニカだけです。クロマチックハーモニカは基本的にC調のみで、「ド・ド♯・レ・レ♯・ミ…」というようにすべての音を出せるため、1本持っておけばどんな曲も演奏できると言って良いでしょう。

複音ハーモニカ:全音階

複音ハーモニカも、ダイアトニックハーモニカと同じく全音階しか奏でられません。そのため、曲に合わせてキーを変える必要があります。

違いその2:構造

ハーモニカは種類によって、穴の並び方やリードの数が変わります。吸ったり吹いたりという原則は変わりませんが、構造によって異なる技術が必要です。

ダイアトニックハーモニカ:10個の穴が横一列

ダイアトニックハーモニカの多くがテンホールズハーモニカで、「テンホールズ=10個の穴」という意味です。吸ったときと吹いたときで異なる音が鳴るため、鳴らせる音は全部で20個。

音の配置は「ド・レ・ミ・ソ・ソ・シ…」となっていて、通常の音階とは少し違います。これは隣り合った音を鳴らしたときに、和音になるように工夫されているのです。適当に吹いても、様になって聞こえますよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

弾き語りとかでガバっと咥えて吹いてもキレイに聞こえるのは、音の並び方が関係していたんだな。

\次のページで「クロマチックハーモニカ:スライド式」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: