雑学

ブルースハープとハーモニカに違いはある?ハーモニカの種類や構造の違いを音楽好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今回はブルースハープとハーモニカの違いについてみていくぞ。みんなはブルースハープって知ってるか?弾き語りとかでギターと一緒に吹いている、有名なハーモニカのことだな。ブルースハープはハーモニカの代名詞のように使われることも多いが、実はブルースハープってのは商品名なんだ。そこで今回は音楽好きライターの早坂佳歩と一緒に、ハーモニカの種類とそれぞれの特徴をわかりやすく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/早坂佳歩

会計事務所に勤務しながら副業webライターとして活動している。セッションでのハーモニカ演奏に憧れていた元バンドマンがわかりやすく解説していく。

ブルースハープはハーモニカの商品名

image by iStockphoto

「ハーモニカといえばブルースハープ」と言われるほど有名なブルースハープは、ホーナー社が販売しているテンホールズハーモニカの商品名です。ブルースの普及とともに、世界的なベストセラーとなりました。ブルースによく使われて、横から見ると竪琴(ハープ)に似ていることから「ブルースハープ」という名前に。ちなみに、ハーモニカは日本語で「口風琴(くちふうきん)」と訳されたこともあります。

テンホールズハーモニカとは、ハーモニカの一種です。それでは、ハーモニカにはどのような種類があるのでしょうか。それぞれの特徴と違いを紹介していきましょう。

ハーモニカの種類

穴を吸ったり吹いたりして、リードを振動させることによって音を奏でるハーモニカ。小学校などで経験があるかもしれませんね。ハーモニカは主に3種類に分けられます。

その1:ダイアトニックハーモニカ

image by iStockphoto

ダイアトニックハーモニカ最も一般的なハーモニカです。テンホールズハーモニカ(ブルースハープ)教育用ハーモニカは、ダイアトニックハーモニカに分類されます。ブルースだけでなく、ロックやフォークなどでも使用されることが多いですね。値段はだいたい4,000円前後で、楽器としては安い方だと言えます。

その2:クロマチックハーモニカ

クロマチックハーモニカ半音階ハーモニカとも言い、ジャズやクラシックでよく使われます。演奏に高い技術が必要となり、値段はダイアトニックハーモニカの10倍以上となることも。あまり初心者向きではありませんね。

その3:複音ハーモニカ

複音ハーモニカの別名はトレモロハーモニカです。トレモロという名前の通り、音を揺らすことができます。ビブラートがかかったような哀愁を誘う音色は、複音ハーモニカにしか出せません。値段はダイアトニックハーモニカよりも少し高い程度で、比較的安価です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ハーモニカってこんなに種類があるんだな。教育用にも使われて値段も安めなダイアトニックハーモニカが、初心者向きって感じか。俺が子どものときに使っていたハーモニカには、吹き口の近くに音階が記載してあってわかりやすかった覚えがあるぞ。

違いその1:音階

image by iStockphoto

ハーモニカは種類によって出せる音が変わります。演奏でどんな音が必要になるのかを理解して選ぶことが重要です。

ダイアトニックハーモニカ:全音階

ダイアトニックハーモニカは全音階(ダイアトニックスケール)のハーモニカです。ベンド奏法という特別な吹き方をすると半音階も鳴るのですが、この奏法はかなり難しく、リードの異常振動によりハーモニカが傷んでしまいます。

ハーモニカにはどの音を基準にするかという「キー」があり、C調(基準がド)のダイアトニックハーモニカの場合はピアノの白い鍵盤の音だけ鳴らせる、というイメージです。♭や♯のついた音は出せません。A調の場合は基準がラの音になるので、C調の「ド・レ・ミ」がA調では「ラ・シ・ド♯」となります。演奏する曲に応じて、違うキーのダイアトニックハーモニカを買いましょう。

\次のページで「クロマチックハーモニカ:半音階」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: