国語言葉の意味

【慣用句】「鼻を高くする」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

この記事では「鼻を高くする」について解説する。

端的に言えば「鼻を高くする」の意味は「得意である」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んです。一緒に「鼻を高くする」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「鼻を高くする」の意味をわかりやすく伝える。

「鼻を高くする」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 67095142

それでは早速「鼻を高くする」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鼻を高くする」の意味は?

「鼻を高くする」には、次のような意味があります。

得意になる。面目を施す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鼻を高くする

「鼻を高くする」は「はなをたかくする」と読み、何かの物事において得意であったり評価を高めたり、体面を保った際に使用する言葉です。「面目を施す」は「評価を高める。体面・名誉を保つ。」という意味ですから合わせて覚えておきましょう。

「鼻を高くする」の語源は?

次に「鼻を高くする」の語源を確認しておきましょう。「鼻を高くする」の語源は明確ではありませんが、様々な推測がされていますので、ここでは2つ紹介いたします。

そのうちの1つが、得意になった際の人物の表情に由来しているというものです。つまり大体人が得意になると、「顔が上を向いて」「鼻が高く見える」ことから、「鼻を高くする」という慣用句が生まれたという説があります。

もう1つは、天狗に由来しているというものです。天狗はご存知の通り鼻が大きい妖怪で、自慢げ、高慢であったことから、転じて「鼻を高くする」や「天狗になる」という慣用句が生まれたのではないかという説があります。

「鼻を高くする」の使い方・例文

「鼻を高くする」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. あの勝負どころのプレゼンがうまくいったみたいで、彼女は最近鼻を高くしているんだ。このまま成長していってくれると良いけれど。
2. 塾の中で1番を取って鼻を高くしているのね、偉かったわ。今度は県で1番を狙ってみましょうか。
3. いくら研究ができるからといって、鼻を高くしてあの態度をとるのはいささか納得できないな。手伝うのをやめようかとも思っているよ。

どの例文においても「鼻を高くする」は「得意である」という意味で使用されていることがわかりますね。ただし例文の3ではやや「高慢」「自慢げ」といったネガティブなニュアンスが含まれていることが理解できるでしょう。

「鼻を高くする」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 90230966

それでは次に、「鼻を高くする」の類義語を3つほどピックアップしましたので、見ていきましょう。

\次のページで「「鼻に掛ける」:自慢する」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: