理科生物

人間の血管の長さは地球2周半分?血液と血管について理系ライターが詳しく説明

よぉ、桜木建二だ。我々ヒトの体内には水分が約80%弱存在するとされているが、その大部分を占めているのは血液だ。タイトルでも衝撃だが、血液が流れている血管を体中全てつなぎあわせると地球2周半分にもなるんだ。体内のどこにそのような長い血管があるのか。そのことについて詳しく解説するとともに、血管の種類や役割、血液についても生物に詳しいライターmimosa(ミモザ)と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/mimosa

もともと文系出身で、独学で生物学、生化学を勉強し、現在医学系研究所の研究アシスタントとして理系の世界へ飛び込んだ。理科が苦手な方へも興味を持ってもらうべくわかりやすい説明を心掛けている。

ヒトの循環系

ヒトの循環系

image by Study-Z編集部

ヒトの身体には、生命維持のために様々な組織が存在しています。それら組織を役割別にもっと大きなグループにしたものを「~系」と言いますよ。ヒトの身体には、循環系、呼吸器系、消化器系、排せつ系、神経系、内分泌系などがありますよ。

血管はその中でも循環系に属します。循環系には血管系とリンパ系がありますが、今回は血管系のみ説明していきますね。

主要な血管と関係臓器

主要な血管と関係臓器

image by Study-Z編集部

循環系で重要な臓器は心臓ですね。心臓は、心筋と言う横紋筋で構成されています。臓器は不随運動を行うので、平滑筋で構成されていますが、心筋は横紋筋でありながら不随運動を行っていますよ。

心臓を4つの部屋に分けると、上から右心房、左心房、下が右心室、左心室に分かれます、それぞれの部屋に流れ込んだ血液が逆流しないように、弁がついていますよ。

肺も重要な臓器です。肺は、酸素を取り込み、二酸化炭素を排出するガス交換を行いますね。体中に酸素や二酸化炭素などのガスを運ぶのは、血管です。肺には肺動脈と肺静脈という大きな血管がありますよ。酸素が多く含まれている血液を動脈血、少ないのが静脈血と言うことも覚えておきましょう。

血管の種類と構造

血管の種類と構造

image by Study-Z編集部

次に、血管の種類について説明していきますね。血管は、動脈、静脈、毛細血管の3つに大きく分かれますよ。動脈は、心臓から血液が出ていく血管。静脈は血液が心臓に戻ってくる血管。毛細血管は、動脈と静脈をつないで、組織の細胞と接触する微細な血管のことです。

図のように、動脈と静脈は結合組織があり、各臓器などの組織とつながっていますよ。さらに、動脈の壁は全身に血液を送り出すため、静脈よりも丈夫です。静脈には血液の逆流を防ぐための弁がありますよ。

毛細血管は、内皮細胞でできています。内皮細胞は、通常は隙間なく並んで1層の細胞から成る管状になっていますが、臓器によっては、細胞に丸い穴が開いたものや、細胞間に大きな隙間があるものも存在していますよ。

次のページを読む
1 2 3
Share: