家庭科

おいしいルイボスティーの淹れ方は?種類やおすすめの飲み方・茶葉の保存方法も栄養士・調理師ライターがわかりやすく解説

ルイボスティーの淹れ方と茶葉の保存方法

image by iStockphoto

ルイボスティーの淹れ方には2種類あります。手軽に飲める便利なティーバッグタイプもありますが、ひと手間かけて淹れたほうが、ルイボスティー本来の風味を楽しむことができるのでおすすめです。

1.手軽に水出し

まず清潔な容器を用意して、水1リットルに対して茶葉を10グラムを入れます。冷蔵庫に10時間ほど冷やして、じっくり抽出させたら完成です。手間がかからずとても簡単ですね。

水出しで淹れる場合は、水出し専用の茶葉を使いましょう。水は水道水よりも軟水のミネラルウォーターを使用したほうが、ルイボスティー本来のうま味と香りを引き出してくれます。水道水を使うときは沸かしてから使用してくださいね。できるだけ早めに飲み切るようにしましょう。

2.しっかり煮出し

まず水を火にかけて沸騰したら、水1リットルに対して茶葉を5グラム入れます。弱火にして10分ほど煮出します。火を止めて茶葉を取り出せば完成です。茶葉の量は水出しの時よりも少ないのですが、使用する茶葉によって分量が変わるので、パッケージを見て確認してくださいね。

煮出しで淹れる場合は、煮出し専用の茶葉を使用しましょう。水は火にかけるので、ミネラルウォーターではなく水道水でも問題ありません。こちらも早めに飲み切るようにしましょう。温かいうちに飲むと、血行がよくなりリラックス効果があるので、夜寝る前に飲むのもおすすめです。

茶葉の保存方法は?

封をあけた茶葉は、缶や密閉できる保存容器や袋に入れて、高温多湿をさけて常温で保存しましょう。香りの強いものの近くに置いてしまうとニオイが移ってしまうので、できるだけ離して置くようにしてくださいね。未開封の茶葉も日の当たらない涼しい場所に保管しましょう。

煮出した後のお茶は、抗酸化作用があるので普通のお茶よりも長持ちし、常温で2~3日、冷蔵庫で5~6日ほど保存できます。ですが、だんだんと風味が損なわれていくので早めに飲み切るようにしましょう。水出しルイボスティーは煮出しよりもできるだけ早めに飲むようにしたほうがいいですよ。

おすすめの飲み方は?

image by iStockphoto

ルイボスティーはストレートで飲んでもいいですが、味が少し苦手、という方もいるかもしれませんね。そんな方はほかの食品を加えて味を変えてみると、自分好みの味に出会えるかもしれませんよ。アレンジ3つをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

その1.ミルクティー

ルイボスティーを少し濃いめに入れ、牛乳を加えて作るルイボスミルクティーは、ストレートとはまた違った味わいでとても飲みやすいです。甘いのが好きな方は、はちみつや砂糖を入れてもいいかもしれません。

\次のページで「その2.レモンティー」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: