現代社会

なぜ尾崎行雄は「憲政の神様」と呼ばれた?政治家としての功績や有名な演説などを歴史好きライターが解説

よぉ、桜木建二だ。今回は、尾崎行雄について学んでいこう。

尾崎には「憲政の神様」という呼び名がある。なぜそのように呼ばれていたのか、知りたい人は多いだろう。

尾崎行雄の功績や有名な演説、そして彼が「憲政の神様」と呼ばれた理由などを、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

政界入りするまでの尾崎行雄

image by iStockphoto

まずは、生まれてから政界入りする前までの尾崎行雄について見ていくことにしましょう。

戊辰戦争を戦った父を持つ

尾崎行雄は、1858(安政5)年に、現在の神奈川県相模原市で生まれました。父は板垣退助を尊敬していた人物で、戊辰戦争の際には板垣の軍に参加していたほどでした。明治維新後に父は役人となり、尾崎も父の転任先へとついていきます。群馬県や三重県に転居した後に、尾崎は慶應義塾に入学しました。

尾崎は慶應義塾で英語を学び、塾長であった福沢諭吉に才覚を認められるようになります。しかし、慶應義塾を中退して、現在の東京大学工学部にあたる工学寮に入学しました。ところが、工学寮も1年足らずで中退。学風が合わなかったり、理化学に嫌気が差したりしたことが原因だったようです。

新聞記者としての経験を積む

尾崎行雄は学生時代から新聞に投書し、彼の論評は好評を博していました。そんな尾崎を高く評価していたのが、慶應義塾時代の恩師である福沢諭吉でした。福沢は、尾崎を新潟新聞(現在の新潟日報)の主筆に推薦します。その時、尾崎はまだ20代前半の若者でした。

尾崎は、新潟新聞の主筆を2年間務めました。その後、知人を通じて官僚の職を得ますが、明治十四年の政変により退職に追い込まれます。1882(明治15)年、尾崎は論説委員として報知新聞に加わりました。現在の報知新聞はスポーツに様変わりしましたが、尾崎の在籍時は東京五大紙の1つに数えられるほどの有力紙でした。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「尾崎行雄」といえば、同姓同名で元プロ野球選手の尾崎行雄がいるな。高校時代から活躍して「怪童」と呼ばれ、豪速球を武器に最多勝や新人賞などを受賞した名投手だ。名前が同じなのは偶然ではなく、尾崎投手の父親が政治家の尾崎行雄を尊敬しており、それにあやかって名前を付けたらしい。どちらもそれぞれの分野で歴史に名を残す傑物なのだ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: