国語言葉の意味

【慣用句】「面を被る」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

この記事では「面を被る」について解説する。

端的に言えば「面を被る」の意味は「別のものに見せる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んです。一緒に「面を被る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「面を被る」の意味をわかりやすく伝える。

「面を被る」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 34885426

それでは早速「面を被る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「面を被る」の意味は?

「面を被る」には、次のような意味があります。

1. 仮面で顔を覆う。
2. 本当の姿を隠して、別のものに見せる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「面を被る

「面を被る」は「めんをかぶる」と読み、人物や何かのもの、物事において本当・本来の姿を隠して別物に見せる際に使用する言葉です。上述したように2つの意味を有していますが、今回は慣用句としての2の意味について解説します。「つら」と読みそうになりますが、正確には「めん」ですからしっかり覚えておきましょう。

「面を被る」の語源は?

次に「面を被る」の語源を確認しておきましょう。「面を被る」の語源は明確ではありませんが、2つの言葉がくっついた慣用句ですから念のためそれぞれの意味を確認しておきます。

まず「面」は物理的な「顔につけるかぶりもの。」の意味でしょう。一方で「被る」は「頭や顔などにそれを覆うものを載せる。また、全体をすっぽり覆う。」です。

そのため「面を被る」を丁寧に言いまわすと「かぶりものを覆う」となりますから、「面を被る」は実際の動作や状況を示す言葉であり、それが転じて「別物に見せる」という意味が付与されたと考えられます。

「面を被る」の使い方・例文

「面を被る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. テーマパークが新しく開園したらしいのだけれど、あまり楽しくなかったよ。あれはテーマパークらしき面を被った何かだな。
2. 日本の風土というか文化として、何かの物事において面を被ってごまかす癖があるのだよ。それで今日の外国は非常に苦労している。
3. オランダのマリーナにあるライバル会社のホテルに、面を被って視察してみたんだ。競争相手なのだけれど、非常に良かったよ。

どの例文においても「面を被る」は本当の姿を隠している、または本来のあり方を表現できていない際に使用されていることがわかりますね。例文2のように、日本という抽象的で大きな存在でも使用可能な慣用句です。

「面を被る」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 67071607

それでは次に、「面を被る」の類義語を3つほどピックアップしましたので、見ていきましょう。

「擬態」:他のものに似せること

今回まず最初にご紹介する類義語が「擬態」(ぎたい)です。口語でもよく用いられる慣用句ですが、念のため国語辞書で意味を確認しておきましょう。

\次のページで「「変装」:別人に見せかけること」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: