IT・プログラミング雑学

varとletの違いとは?変数と定数・JavaScriptでの使い分けもプログラマーがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。JavaScriptで変数を宣言する時のキーワードに「var」と「let」ってあるよな。あれは何が違い、どう使い分けるか理解しているか?変数と似たものに定数もあるが、その場合は「const」だよな。似たようなキーワードがたくさんあるな。変数と定数、varとletをどう使い分けるのかをプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

JavaScriptのvarとletとの違いは?

image by iStockphoto

JavaScriptで変数を宣言する際に使うキーワードに 「var」と「let」があります。どちらも同じように見えますが別の物です。元々はvarがあったのですが、なぜletが追加されたのか。まずはJavaScriptの歴史から解説していきます。

歴史が長いJavaScript

JavaScriptは1995年にウェブブラウザで様々な動きのあるウェブサイトを作るために開発されました。当初はシンプルな言語でしたが、ウェブサイトが広がるにつれて機能が強化されていきます。その結果、本格的なプログラミング言語として様々な分野で使われるほどに。


その間、バージョンアップも続き、JavaScriptのプログラミングの考え方や書き方も変化したのです。JavaScriptは新しい考えを導入する場合も、昔のプログラムも極力動くようにしています。その結果、昔からの書き方と最近の書き方が混在してしまうことに。その結果、分かりにくい部分が出てきてしまっています。

変数を宣言するvarとletの違いは?

「var」も「let」も変数を宣言する際に使うキーワードです。細かい違いは後で説明しますが、ざっくりとした違いは下記の2点です。

1.varは昔からある書き方、letは新しい書き方
2.varは再宣言できる、letは再宣言できない

\次のページで「変数と定数とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: