幕末日本史江戸時代

水戸学って何だ?歴史編纂から生まれた学問?徳川家なのに尊王攘夷論を生んだ重要な学問を現役講師ライターが詳しく解説!

よぉ、桜木健二だ。水戸学という学問を知っているか。水戸は茨城県水戸市のことだ。水戸市から生まれた学問で、それが尊王攘夷論に発展したなど想像がつかない学問だな。
今回は水戸学について、中世や近世の文化が大好きな現役講師ライター明東碧吾と詳しく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hekigo1525

ライター/明東碧吾

現役の塾講師ライター。専門科目の社会科は生徒からわかりやすく面白いという定評を受けている。自身も歴史好きで、史跡や文化財鑑賞を趣味で行う。

ID: ↑パーツ内本文:69文字

水戸学って何だ?「大日本史」編纂が独自の思想をもたらす

image by iStockphoto

水戸学は徳川御三家の1つである水戸の徳川家から始まる学問です。水戸藩二代目藩主の徳川光圀が始めた日本の通史をまとめる事業である「大日本史」編纂が水戸学の始まりとなります。

また、水戸学は幕末が近づくにつれて尊王攘夷の考え方が強まった学問です。水戸藩は徳川家のお膝元でありながら、桜田門外の変を起こした水戸浪士など反幕府的な動きを見せるのは水戸学の影響があります。では、どのような学問であるかを見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:206文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

水戸藩は徳川副将軍が治める格式高い藩?

水戸学が生まれた水戸藩は徳川頼房から始まる水戸徳川家が支配する藩でした。水戸家は徳川御三家の1つでもありますが、唯一参勤交代をしない御三家でした。水戸藩主は代々、江戸の小石川に定住し、藩政も江戸から遠隔操作で行っていました。

物価の高い江戸住まいで、家臣を二重に取り立てて、江戸での生活と藩政を両立するのに苦心した藩でもあります。また、格式を優先する江戸幕府は当初25万石としていた水戸藩を1701年には36万まで引き上げました。実質はそんなに石高がなく、生産力が低い地域でもあったのです。

また、江戸定住を行い、本家将軍の目代を担っていたため俗称として「副将軍」と呼ばれるようになりました。ただ、何事も石高に合わせたことを行うため、常に財政難に喘ぐ状況でした。

ID: ↑パーツ内本文:333文字

水戸黄門、「大日本史」を編纂する!

水戸学の始まりとなった「大日本史」編纂は水戸藩二代目藩主の徳川光圀が始めました。徳川光圀は水戸黄門としても有名ですね。徳川光圀は中国の歴史書である「史記」を読んで感銘を受けました。この出来事が「大日本史」編纂を行うきっかけとなります。

「大日本史」は紀伝体の史書を編纂して歴史を振り返ることで、物事の善悪や行動の指針にしたいという考えがあったために編纂されたのです。これは儒教の正名論の個人がいかなる役割を果たしたかを明確にして、ふさわしい「名」を与えることに基づいています。

ID: ↑パーツ内本文:239文字

南北朝正閏論で水戸学が誕生?徳川光圀の研究課題

徳川光圀は天皇と朝廷を深く尊び、兵庫県の湊川に楠木正成の碑を立てました。楠木正成は鎌倉末期から後醍醐天皇に仕えた武士です。尊皇を考え方の軸に「大日本史」が編纂されます。

「大日本史」編纂の中で、南北朝正閏論を研究し、南朝を正統であるとする南朝正統論を唱えました。徳川光圀以降の水戸藩は徳川御三家ではありますが水戸学を奉じる勤皇家となっていきます。

ただ、徳川光圀は武士政権を否定するわけではなく、大義名分の中で武士政権を合理化することを研究課題として「大日本史」編纂を行っていったのです。

ID: ↑パーツ内本文:246文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
hekigo1525