国語言葉の意味

【慣用句】「算盤を弾く」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

この記事では「算盤を弾く」について解説する。

端的に言えば「算盤を弾く」の意味は「損得を計算する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んです。一緒に「算盤を弾く」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「算盤を弾く」の意味をわかりやすく伝える。

「算盤を弾く」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 82393682

それでは早速「算盤を弾く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「算盤を弾く」の意味は?

「算盤を弾く」には、次のような意味があります。

そろばんを使って計算する。転じて、損得を計算する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「算盤を弾く

「算盤を弾く」は「そろばんをはじく」と読み、何かの物事において損得勘定をする場合に使用する言葉です。実際に算盤を用いなくても使用できる慣用句となっています。「さんばん」とも読みますが、やや違う意味になりますので、「そろばん」としっかり読めるようにしておきましょうね。

「算盤を弾く」の語源は?

次に「算盤を弾く」の語源を確認しておきましょう。「算盤を弾く」は実際に計算するというところから由来していますから、語源はある程度明確ですが、2つの言葉がくっついた慣用句ですから念のためそれぞれの意味を確認してみます。

まず「算盤」はここでは「計算。勘定。また、特に、損得の計算。」の意味ですね。次に「弾く」は「そろばん玉を指で動かす。転じて、計算する。」のことです。そのため「算盤を弾く」は、やはり2つの単語からみても「損得の計算を行う」となることが確認できました。

「算盤を弾く」の使い方・例文

「算盤を弾く」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「算盤を弾く」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: