家庭科

納豆にも旬があった?種類ごとの違いや選び方も主婦歴18年のママライターが詳しくわかりやすく解説

免疫力を高める効果がある食品として益々注目を浴びている納豆ですが、種類が多くて迷ったことはないでしょうか?また、いつも選びもせずに同じ商品ばかりを手にとってはいないでしょうか。納豆には様々な種類があり、味や栄養価も異なるため選ぶ面白さがあるぞ。今回は納豆の種類や自分好みの納豆の選び方について、そして納豆の旬についても主婦歴18年のママライター猫山メイコと一緒に解説していきます。

ライター/猫山メイコ

主婦歴18年のママライター。 野菜を使ったアレンジレシピが得意。 「家族にできるだけ健康的な料理を!」をモットーに日々奮闘する傍ら、カフェや保育園でも調理の仕事を担当。 この経験を生かして、食にまつわる様々な知識や疑問をわかりやすく紹介・解説していく。

納豆にも旬があった!

image by iStockphoto

一年中スーパーやコンビニで売られている納豆ですが実は旬があるのをご存じですか? ここからは納豆の旬や、納豆の日についてもご紹介しますね

納豆の旬は1月~2月頃

納豆の主原料である大豆は国産の場合、10月~12月頃に収穫期を迎えます。収穫された大豆は、数カ月貯蔵することで余分な水分が飛び旨みが凝縮されるのです。 その大豆を使って作るので納豆の旬は1月~2月頃となります。 旬の納豆はふっくらとした食感で、甘みが強く味わい深くなっているということです。

納豆の日・納豆のお年取りっていつ?

ちなみに納豆の旬にあたる1月6日を「納豆のお年取り」の日と呼ぶそうです。 「お年取り」とは年を越すことを言います。 この日に納豆を食べることによって、万病の根が抜けていくといわれているのです。 地方によっては潰した納豆を入れた味噌汁を家族全員でいただく風習もあるそうですよ。 今年一年病気にならず健康に過ごせるように願う昔ながらの行事です

納豆にはどんな種類があるの?

納豆にはどんな種類があるのでしょうか?「日本食品標準成分表」の納豆類の項目によると納豆は4種類に分類されています。 それではそれぞれ解説していきますね。

\次のページで「1.一般的な糸引き納豆」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: