雑学

「株式会社」と(株)の違いとは?領収証やメールに(株)はOK?文学部卒のライターが詳しくわかりやすく解説

この記事では「株式会社」と(株)の違いについてみていきます。2つとも会社組織の社名について表す語句で、文書類、領収証やメールなどの文面や宛名で使うイメージがあるよな。ですが、(株)の方は社外の方にあてて書くのはNGとされることもあるようです。今回は「株式会社」と(株)の2つの言葉について、使い分け方を確認しながら文学部卒のライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

顧客への請求書を作成する時に、(株)を使って先輩に注意されたことのある文学部卒のライター。

「株式会社」と(株)の表記の違いについて

image by iStockphoto

「株式会社」と(株)という表記は同じもののように考えられるかもしれません。特に、パソコンなどで入力業務をしている際に「かぶ」とひらがなで入力すると、自動的に”(株)”と変換されることがほとんど。両者の表記の違いについて、詳しくみてみましょう。

「株式会社」は正式名称

「株式会社」はその会社の正式な名称を表します。公的な書類に登記する際には、会社の正式な名前を記載しなくてはいけません。会社法という法律に従い「株式会社〇〇」もしくは「〇〇株式会社」と登録する必要があるのです。登記された商号が正式な名称となるので、「株式会社」と付く場合は法的に正しいと認められていることになりますね。

(株)は略称

(株)は「株式会社」を省略したものです。会社の名称を登記する際に“(株)”という、かっこでくくった形では使用できないという決まりがあります。正式な名称ではないので、社名を略称で書くと相手先に失礼になることがあるのです。

\次のページで「「株式会社」を使う例」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: