家庭科

オートミールには種類がある?特徴や選び方のポイント・購入場所を元保育士がわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

インターネットで公開されているレシピは基本的にロールドオーツが使われているようだ。例えばロールドオーツを使うレシピにスティールカットオーツを使ってしまうと、必要な水分量が違うので固くて食べられない!なんていうことも起こり得る。注意が必要だぞ。

選び方のポイント4つ

image by iStockphoto

食事は毎日するものです。どこかに無理があると食事を楽しむことができなくなって、嫌になってしまいますよね。オートミールを気楽に食生活に取り入れるための選び方のポイントを4つ見ていきましょう。

その1.好みの食感で選ぼう

食感は食事の大事なポイントです。満足感のある噛みごたえやプチプチとした食感が好きな方もいれば、固めの食べ物が苦手な方もいます。また、お粥のようななめらかな口当たりが好きという方もいれば、どろっとした舌触りや粘りが苦手という方もいるでしょう。

それぞれの食感の特徴をふまえて好みに合いそうな種類を手に取ってみてください。挑戦するレシピを先に探してから、その料理に合うものを選んでもよいですね。

その2.ダイエットにはどれがおすすめ?

食事内容を見直して摂取カロリーを抑えることはダイエットに不可欠です。オートミールはダイエット向きの食材ですが、味がつけてある、フルーツやナッツなどの具が入っているタイプは要注意。無味のものに比べると同じ量を食べてもカロリーが高くなりがちです。

とはいえ、おいしく食べたい気持ちを我慢しすぎてもダイエットは長続きしませんよね。効率的な減量のためには基本的にプレーンタイプのオートミールを自分でアレンジして食べるのがおすすめですが、手軽で甘みのあるインスタントオーツやミューズリ―・グラノーラを常備しておけば小腹が空いた時に栄養たっぷりのおやつとして大活躍!腹持ちがよいので食べ過ぎも防ぐことができるでしょう。くれぐれも適量を守って、ゆっくりよく噛んで食べてくださいね。

その3.調理にかけられる時間で選ぼう

食事作りに時間がかかるとどうしても面倒になって手が遠のいてしまうものです。オートミールは基本的に鍋や容器に移して加熱すれば食べられる手軽な食材ですが、加熱時間が長めのもの、水分をふくませるだけで食べられるものと調理時間はそれぞれ

特に、忙しい時間帯の朝ごはんや小腹が空いた時の間食代わりにサッと食べたいのであれば、調理から食事開始までがより短い方が取り入れやすいですよね。いつ食べるのか、自分が調理にかけられる時間や手間はどれくらいかをイメージして選んでみてください

その4.無理なく続けるためには値段も大事

食事にかけるお金は重要です。どんなに健康によくてもおいしくても、お財布が苦しくなってしまったら食べ続けることはできません。オートミールは米や小麦のような穀物と比べて一食当たりの価格は大きく変わらない食材ですが、多くのものがそうであるように産地や品質、栽培方法などによって値段に差が出てきます

例えば農薬や化学肥料を使わずに育てられたオーガニック、有機と名の付くオーツ麦を原材料にしたオートミールであれば、それ以外のものと比べると高価になります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

値段があまり安いものは味に影響が出てくる場合もあるから、安ければよいというものでもないのが少々難しいところだ。ここまで解説してきたポイントを自分の生活に照らし合わせて、よいバランスがとれるよう考えて選んでみてくれ。

以上を踏まえていよいよオートミールを買ってみようと考える諸君に、購入場所の例を紹介する。食材自体の手に入れやすさもまた、食生活にとって大切な要素だぞ。

オートミールはどこで買えるの?

image by iStockphoto

健康やダイエットへの効果が知られるようになったことで、オートミールは以前に比べて身近になり日本でも手軽に手に入るようになりました。実際にどんな所で買うことができるのか見ていきましょう。

手軽に買うならオンラインショップ

ずばり、インターネットで購入するのが最も簡単です。近くにオートミールを販売しているお店がなくても確実に手に入りますし、買い物に出かけて選んだり探したりする時間がない方にも便利。店舗とは比べ物にならない多くの種類の中から好きなものを選ぶことができます。中でもスティールカットオーツはなかなかお店では見かけないので、オンラインショップでの購入一択となるでしょう。

大容量のパッケージでも販売されていて配達してもらえるのも大きなメリット。オートミールは重いので、家まで届けてもらえるのはとても助かりますね。

手に取って見たいなら店舗へ足を運んで

実物がどのようなものか見てから決めたい、試しに少量を買ってみたいという方はお店で買うのがよいでしょう。外国の食材を扱っているお店、業務用の食材を扱うお店の他、最近では大きめのスーパーやドラッグストアでも見かけることが多くなりました。普段買い物に行くようなお店で買うことができれば気軽に挑戦しやすく、続けやすそうですね。

食品売り場内の、コーンフレークなどのシリアルが売っているコーナーに並んでいるので探してみてください。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

実店舗で手に入りやすいのはロールドオーツだ。値段も比較的安く試しやすい種類となっているぞ。グラノーラやミューズリーなど似ているものもあるから、パッケージに書いてある説明をよく読んで確認するようにしてくれ。

\次のページで「自分に合ったオートミールを見つけよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: