雑学

3分で分かるアナウンサーとキャスターの違い!どうすればなれるの?アナウンサーやキャスターになるための方法や仕事内容も雑学コレクターが分かりやすくわかりやすく解説!

能力その4:自己管理能力

アナウンサーやキャスターは番組によって早朝であったり深夜であったりと、出勤する時間がバラバラです。またそれ以外にも特番や新番組、ゲストというように突発的な仕事も多くスケジュールも不規則であるため、体調やスケジュールなどを管理する能力も必要になっています。

アナウンサーやキャスターになるためには

image by iStockphoto

アナウンサーやキャスターになるためには、どのような手順を踏めばなれるのか気になる方もいるのではないでしょうか?アナウンサーとキャスターになる方法をご紹介していきます。

方法その1:局アナの採用試験を受験する

アナウンサーやキャスターになるためには、局アナの採用試験を受験するのが一般的な方法です。応募方法も一般の企業と変わらず、エントリーシートの提出に始まり面接もあります。一般と違う部分を挙げるとすれば、カメラの前で原稿を読むテストがあるくらいです。そのため局アナ採用試験にはよくある筆記試験や面接対策だけでなく発声や滑舌も鍛えておく必要があるでしょう。

キャスターになるためにはアナウンサーと同じように局アナ採用試験を受験します。キャスターになるためには、アナウンサーとして経験を積んでからキャスターへの道へ進むというのが一般的な方法と言えるでしょう。

方法その2:フリーランスとして仕事を得る

続いて紹介する方法はフリーランスとして仕事を得ることです。個人で放送局などに営業をかけ仕事を獲得しなければいけませんが、仕事を得るにはそれ相応の実力や知名度などが必要になるため、一般の方にはあまりおすすめはできない方法にはなってしまいます。

アナウンサーとキャスターは情報を伝える職業

アナウンサーとキャスターの定義や仕事内容の違いなどに触れてきましたが、どちらも情報を正しく視聴者に届ける仕事であることに変わりはありません。同時にアナウンサーとキャスターといった職業はこれから先も需要がなくなることのない、いわゆる将来性のある職業でもあります。興味のある方はぜひ目指してみてださいね。

1 2 3
Share: