雑学

3分で分かるアナウンサーとキャスターの違い!どうすればなれるの?アナウンサーやキャスターになるための方法や仕事内容も雑学コレクターが分かりやすくわかりやすく解説!

アナウンサー:ニュースやバラエティ、スポーツの実況

アナウンサーは主にニュースやバラエティ番組での司会、スポーツ実況とその仕事内容は多岐に渡ります。そのほかにもラジオ番組でのパーソナリティやドキュメンタリー、ドラマのナレーションなども行うというように非常に仕事の幅が広い職業と言えるでしょう。

キャスター:報道番組がメイン

キャスターの仕事内容も見てみましょう。キャスターはアナウンサーとは違い主にニュースなどの報道番組をメインとしています。その他にも天気予報を行うお天気キャスター。元プロ選手がスポーツを解説するスポーツキャスターなどキャスターの中でも様々な種類があります。

アナウンサーやキャスターに求められる能力

アナウンサーやキャスターにはどのような能力が求められるのでしょうか。詳しくみてみましょう。

能力その1:滑舌

やはり何といってもアナウンサーとキャスターは滑舌の良さも大切になってきます。現にアナウンサーは新人研修などで滑舌を鍛えるトレーニングを実施するほど。アナウンサーとキャスターは情報を視聴者に伝えることを目的としている仕事であるため、滑舌の良さも求められる必要な能力の1つと言えるでしょう。

能力その2:冷静な判断力・対応力

アナウンサーやキャスターは職業の性質上、生放送での出演も多くあります。生放送ではハプニングはつきもの。ハプニングが発生した際でも慌てることなく対処できる冷静な判断力や対応力などが求められます。またそれ以外にも突然話を振られたりミスが起きてしまったりした時などにも、こうした冷静な判断力や対応力は役立つでしょう。

能力その3:キャラクター性

アナウンサーとキャスターは原稿通りに読み上げたり意見を述べたりするだけでなく、最近ではキャラクター性も求めらています。人気のあるアナウンサーやキャスターには、とても個性的な人が多いですよね。

アナウンサーやキャスターは人気商売でもあるため、人気のあるなしでは収入にも直結します。アナウンサーやキャスターとして成功するためには、能力だけでなく自らの個性も磨いてく必要があるのです。

\次のページで「能力その4:自己管理能力」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: