雑学

3分で分かるアナウンサーとキャスターの違い!どうすればなれるの?アナウンサーやキャスターになるための方法や仕事内容も雑学コレクターが分かりやすくわかりやすく解説!

今回はアナウンサーとキャスターの違いについてみていきます。アナウンサーとキャスターはどちらもテレビに出て情報を伝える仕事で、違いなんてないと思っているやつも多いんじゃないか?ですがアナウンサーとキャスターのことを調べてみると、定義や仕事内容に違いがあることがわかったぞ。そんなアナウンサーとキャスターの違いについて雑学コレクターのモトキと一緒に解説していきます。

ライター/モトキ

月20冊以上の本に目を通す雑学コレクター兼ライター。日頃より培った知識とその情報取集力を活かして分かりやすく情を伝えていく。

そもそもアナウンサーやキャスターとは

image by iStockphoto

アナウンサーとキャスターと聞くと、バラエティ番組やニュース番組で司会をしているイメージが強いですが、実際のところアナウンサーとキャスターの違いについて、説明できる方は少ないのではないでしょうか。アナウンサーとキャスターの大きな違いはざっくり定義にあります。具体的にどのように違うのかみていきましょう。

アナウンサー:原稿の内容を正しく伝える職業

アナウンサーとは用意された原稿の情報を正しく伝える職業です。アナウンサーは専門職であるため、担当する人はその局でアナウンサーとして勤めている方、もしくはフリーアナウンサーとして活躍している方などが主に担当します。

キャスター:原稿の内容に独自の解釈を交えて伝える役割

キャスターとは用意された原稿の内容に加えて独自の意見や解釈などを専門的な目線から交え、より噛み砕いた情報を視聴者に届ける役割です。アナウンサーとは違いキャスターは職業の一種ではなく役割であるため、ジャーナリストや芸能人といった様々な人が担当することができるといった違いもあります。

アナウンサーとキャスターは仕事内容が違う

image by iStockphoto

アナウンサーとキャスターではその仕事内容にも違いがあります。どのような違いがあるのかをみてみましょう。

\次のページで「アナウンサー:ニュースやバラエティ、スポーツの実況」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: