生き物・植物雑学

カラスアゲハとクロアゲハの違いは名前だけ?特徴や見分け方も生き物好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではカラスアゲハとクロアゲハの違いについてみていくぞ。どちらもキレイな黒い翅をもっている蝶というイメージがあるんじゃないか。わかりやすい違いはずばり翅にあるようだが、生息場所や幼虫の時の見た目など調べてみるといろいろ違いがあるみたいだぞ。
今回はそんなカラスアゲハとクロアゲハの違いを、そもそもどんな蝶であるか特徴から確認しつつ、生き物好きライター田嶋と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/田嶋あこ

生き物の観察が好きなWebライター。生き物をモチーフにしたイラストなども描いている。様々な視点から違いを詳しく解説。

そもそもカラスアゲハとクロアゲハって?

image by iStockphoto

カラスアゲハとクロアゲハは蝶の仲間です。外でたまに見かけるという方はいらっしゃると思いますが、地域によっては全然見かけない場合もあります。違いを知る前に、どんな蝶であるのか確認していきましょう。

どちらも黒色の羽を持つ蝶

カラスアゲハとクロアゲハは、黒い翅(はね)を持つアゲハチョウの仲間です。名前に「カラス」や「クロ」とついているのも、翅の色からきていると考えられますね。どちらも見た目はよく似ていますが、全く同じ種類の蝶というわけではありません。

黒いアゲハチョウの仲間は何種類かいますが、全体的に森林や山間で見かけることが多いです。食べ物を求めて飛んでいるだけでなく、何頭か地面に集まって吸水している姿なども見られます。

アゲハチョウの場合、水を飲んでいる個体はオスであることがほとんどです。理由はまだ解明されていませんが、メスを探し求めて飛び回ることも多いため、栄養を補給している説などがあります。

日本で見ることができる黒いアゲハ蝶の主な仲間は以下です。

黒いアゲハ蝶の仲間
・オナガアゲハ
・ジャコウアゲハ
・ナガサキアゲハ
・ミヤマカラスアゲハ
・モンキアゲハ など

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

カラスアゲハとクロアゲハは黒い翅を持つアゲハ蝶であるとわかったな。翅の色が同じこともあり、ポイントを押さえておかないと見分けるのは少々難しいはずだ。次は、カラスアゲハとクロアゲハの違いについてみていくぞ。

違い(1)見た目

image by iStockphoto

一見すると同じ蝶だと勘違いしがちなカラスアゲハとクロアゲハですが、見た目にも様々な違いがあります。どちらの蝶なのか迷ったとき、一番手がかりになるのが見た目の特徴です。それぞれのポイントをしっかりと押さえていきましょう!

カラスアゲハ:青緑色のメタリックな輝きを持つ翅/尾が長い

カラスアゲハは黒い蝶ですが、よく見るとだた黒い色という訳ではありません。光があたると、鱗粉が青緑色のメタリックな色に輝きます。また後ろ翅の下側にある、尾のような突起(尾状突起)が長めであることも特徴です。模様は性別によっても変わります。以下にポイントをまとめてみました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: