IT・プログラミング雑学

Python2とPython3の違いとは?Pythonの歴史や共存・切り替えもプログラマーがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今、Pythonと言うプログラミング言語が有名だな。そのPythonにはバージョン2とバージョン3がある。それぞれPython2、Python3と呼ばれているな。バージョンが違うというのは分かるが、実際どう違うか分かってるか。
この記事ではPython2とPython3がどう違うか、どちらを覚えるべきなのかを、プログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

Python2とPython3の違いとは?

image by iStockphoto

Pythonはプログラミング言語の1つです。プログラミング言語の中でも手元でさっと動かすものをスクリプト言語とも呼びます。スクリプト言語の代表的なものがPythonやRubyです。そのため、PythonのプログラムのことをPythonスクリプトや単にスクリプトとも呼びます

そのPythonにはいくつかのバージョンがあるのです。Pythonのバージョン2.0などの2で始まる小数のものがPython2。そして、3.0などのように3で始める小数のものがPython3になります。

Pythonの最新バージョンがPython3

Pythonのバージョン番号は小数点で区切った3つの数字で表します。例えば「2.7.18」のように。一番左の数字がメジャーバージョン番号。2のものがPython2、3がPython3です。この数字が変わらない間は、以前からある機能はそのまま使うことができます。真ん中の数字はマイナーバージョン番号。機能が追加、変更された時に数字が増えるものです。一番右の数字がマイクロレベル。不具合修正があった場合に数字が増えます。

今主流なのはPython2とPython3です。その中でもメジャーバージョン番号が一番大きいPython3が最新バージョンになります。

Python2のスクリプトは3では動かない?

メジャーバージョン番号の変更は、大きな変更を意味しています。そのため、以前のバージョンで書いたスクリプトが新しいバージョンのスクリプトでは動かないことがあります

Python3もスクリプトの書き方や動作が変わりました。そのため、Python2のスクリプトをPython3でそのまま動かすことはできません。逆に、Python3のスクリプトもPython2で動かすことはできないのです。エラーが出ない場合でも、元々想定していた動作と異なる結果になることがあります。そのため、バージョンに合わせたPythonスクリプトを動かすのが重要です。

\次のページで「Pythonの歴史」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: