雑学食べ物・飲み物

ローストビーフとステーキの違いとは?どんな肉がいいの?調理方法やカロリーも雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではローストビーフとステーキの違いについてみていくぞ。どちらも世界的に大人気な肉料理で、どちらも牛肉を使用することがほとんど。共通点が多いように思えるが、実は両者には調理方法や使用される部位などに違いがあるそうだ。
今回はそんなローストビーフとステーキの違いについて、調理法や使用される肉の部位、そしてカロリーについても触れながら、雑学好き現役大学院生ライターのききと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

ローストビーフとステーキってどんな料理?

image by iStockphoto

日本ではもちろん、世界各国で人気の高い肉料理であるローストビーフとステーキ。時々、ごちそうとして家庭でも食べられることもありますよね。どちらも牛肉を使用しているという共通点がありますよね。

そんなローストビーフとステーキにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は、調理の仕方、使用する肉の部位、そしてカロリーの3つのポイントに絞って、両者の違いについて解説します。

違い1:調理の仕方

ローストビーフとステーキの1つ目の違いは、調理方法。調理方法が違うことから、ローストビーフとステーキでそれぞれの味わいや食感、香りを楽しむことができるのです。具体的に両者はどのように調理されるのでしょうか。それぞれの具体的な調理方法について解説していきます。

ローストビーフ:じっくりと低温で

image by iStockphoto

ローストビーフの火の通し方は、肉の内部までじっくりと火を通すという方法。オーブンや湯せんで低温を保ちながらじっくりと時間をかけて調理することで、肉の表面だけでなく、内側までしっかりと熱が通るのです。

湯せんの場合、55℃を3時間保ちながら火を入れていきます。その後、フライパンや鉄板で表面に焼き色を付けるのです。オーブンの場合、まず表面に焼き目を付け、その後140℃に温めたオーブンに30分から35分かけて焼きます。

このように、ローストビーフは低温でじっくりと時間かけながら内部まで熱を通すように調理するのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ローストビーフは、サンドイッチの具やハッシュドビーフとして使われることもあるぞ。

ステーキ:短時間で強火で

ステーキをレストランで注文する時、レア、ミディアム、ウェルダンと聞かれることがあるでしょう。これは、ステーキの焼き加減のこと。ステーキはローストビーフと異なり、自分の好きな焼き具合でいただくことができる肉料理なのです。

どのような焼き加減でも、フライパンや鉄板を使って焼いていきます。また、ローストビーフの調理方法とは真逆の、強火で短時間で調理することがポイントに。こうすることで、柔らかく味わい深いステーキに仕上がるのです。

\次のページで「違い2:使用する肉の部位」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: