IT・プログラミング暮らし雑学

3分でわかるワンセグとフルセグの違い!ワンセグをフルセグにできる?メリットやデメリットも現役エンジニアがわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「ワンセグ」は安定して使えるが低画質、「フルセグ」は高画質だが電力消費量が多く安定しにくいってことだな。受信できるデータ量が多いとその分デメリットも多いんだな。

ワンセグをフルセグにすることはできる?

image by iStockphoto

それぞれのメリット・デメリットはご理解いただけたでしょうか?現在では電波の供給量も安定しており、スマホやタブレットといった携帯端末も長時間対応のバッテリーを搭載しています。そこで「ワンセグ」を「フルセグ」にしたいと思う方も多いはず。ここでは「ワンセグ」を「フルセグ」にして視聴する方法を解説します。

フルセグチューナーを使えば可能!

「フルセグチューナー」とは「フルセグ視聴」ができない端末に装着することで、視聴可能にする機器です。「ワンセグ」が元々視聴できていた端末はもちろん、テレビ視聴機能がない端末でも「フルセグ」が視聴可能となります。

接続規格やソフトウェアとの相性により利用可否が異なるので、興味を持った方はメーカー公式サイトなどで対応端末を確認してから購入してくださいね。また「歩きスマホ」など危険な操作も思わぬ事故の原因となるのでご注意ください。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「フルセグチューナー」なんて機器があるのか!自動車などで移動中に見るなら「ワンセグ」、アウトドアなどで高画質な映像を楽しみたければ「フルセグ」といった使い分けができるな!

ワンセグとフルセグは受信できる電波量が違う!

ここまで「ワンセグ」と「フルセグ」について、それぞれの違いやメリット・デメリット、「ワンセグ」から「フルセグ」への切り替え方法などを解説してきました。

現在では各放送局も見逃し放送などを配信しているため、リアルタイムで必ず視聴しなければいけないということは減ってきました。しかしスポーツ番組などリアルタイム性が重視されるものはまだまだ「ワンセグ」「フルセグ」で見たいですよね。もしくは「テレビがついているとそれだけで安心する」タイプの人もいるかもしれません。それぞれのライフスタイルに合わせて「ワンセグ」「フルセグ」をお楽しみください。

1 2 3
Share: