IT・プログラミング暮らし雑学

3分でわかるワンセグとフルセグの違い!ワンセグをフルセグにできる?メリットやデメリットも現役エンジニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。スマホなどの携帯端末でテレビを視聴するために必要な「ワンセグ」と「フルセグ」。
でも「ワンセグ」と「フルセグ」が何のことかよく分からずに使っている人もいるんじゃないか?
今回はそれぞれの特徴と違いについて、現役エンジニアのおおつけと一緒に解説していくぞ!

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

ワンセグとフルセグの違いとは?

image by iStockphoto

ガラケー(フィーチャーフォン)時代には「ワンセグ」という言葉をよく聞きましたね。また現在では「フルセグ」という言葉をよく聞くようになりました。そもそも「ワンセグ」と「フルセグ」とは何なのか、両者の違いはどこにあるのかをここで解説していきます。

受信できる電波量が違う

「ワンセグ」も「フルセグ」も無線、つまりケーブルレスでテレビジョン放送を視聴することのできる通信規格。つまり室内でなくてもテレビ視聴できる規格のことです。

「ワンセグ」とは「ワンセグメント」、「フルセグ」とは「フルセグメント」の略称。「セグメント」とは電波を受信できる帯域のこと。つまり1帯域で受信できる規格と、フル帯域(日本では12帯域)で受信できる規格ということなんです。

どちらも「地デジ」

「ワンセグ」や「フルセグ」と一緒に語られることが多い言葉「地デジ」。この「地デジ」が「地上デジタル放送」であることはほとんどの人がご存じかと思います。「ワンセグ」も「フルセグ」も同一のデジタル信号を受信しているため、どちらも「地デジ」。もちろん見ることのできるチャンネルなどは一緒です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

どちらも「地デジ」の受信規格で、電波量の違いから使い分けているのか。カタカナ言葉な上に略称だったのでわかりにくかったが、解説を聞けばすんなり理解できるな。

それぞれのメリットやデメリットは?

image by iStockphoto

では「ワンセグ」と「フルセグ」それぞれの特徴はあるのでしょうか?メリットやデメリットがわかれば、状況によって適切な携帯端末を選べますよね。ここではそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

次のページを読む
1 2 3
Share: