IT・プログラミング雑学

3分でわかるMariaDBとMySQLの違い!特徴や互換性・利用例も現役エンジニアがわかりやすく解説

MariaDBはMySQLから派生した

結論からいえば「MariaDB」と「MySQL」は兄弟関係にあります。この2データベースの開発者は同じ人物で、その開発者が「MySQL」をもとに開発したものが「MariaDB」。よって開発当時の「MySQL」のソースコードにある程度準拠しています。同列に語られるのは「MariaDB」と「MySQL」の間でソースコード上の共通点が多いことが理由と言えるんですね。

MariaDBとMySQLは互換性がある?

「MySQL」をベースとして作られたデータベースが「MariaDB」。では両者の間に互換性はあるのでしょうか。回答としては「MariaDB」が「MySQL」に対して互換性を持つことを目標として開発しているため、常に高い互換性があります。また「MySQL」で発生した不具合の修正も常にコミュニティが「MariaDB」に反映しているので、どちらか一方でのみ発生する不具合も少ないです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「MariaDB」は「MySQL」との互換性を保つよう日々改良し続けているんだな!それならデータベースの切り替えが必要になったとき、相互の移行がスムーズに済みそうだ。

それぞれどんなシステムで使われているの?

image by iStockphoto

「MariaDB」と「MySQL」は共通点の多いデータベース。それぞれどのようなシステムで使われているのでしょうか。ここでは「MariaDB」と「MySQL」がどんな場面で使われるのかを解説していきます。

MariaDB:通信事業者や電子機器メーカーなど

「MariaDB」は2009年リリースのためまだまだ歴史は浅いです。現在「MariaDB」を利用している企業としては通信事業者である「NOKIA」、電子機器メーカー「SAMSUNG」などがあげられます。Linuxディストリビューション(LinuxというOSの関連ソフトの集合体)である「RedHat」も有名です。

「MySQL」よりも実行速度が高速でセキュリティが強固、かつ堅牢性(不具合の起こらなさ)が高い「MariaDB」。機能的に優れているため今後開発されるシステムについては「MariaDB」の導入率が高くなると予想されます

MySQL:Webサイトから官公庁まで幅広い

「MySQL」は1995年リリースのため歴史が古く、世界で最も普及しているデータベースです。Webサイト管理システムとして最もシェアのある「WordPress」も「MySQL」を使用しています。世界中のWebサイトの3割は「WordPress」で作られているため、Webサイトの3割は「MySQL」が関係していると言えますね。

また「YouTube」や「Netflix」といったエンターテインメントサービスも「MySQL」がデータを処理しているんです。ベンダーが管理しているためサポートが厚いことから官公庁でも多く用いられています。

\次のページで「MariaDBとMySQLはどちらもオープンソース!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: