家庭科

新鮮なブロッコリーの選び方は?旬や産地・種類も主婦歴18年のママライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。ブロッコリーを買う時には、どこに注目すればよいか知っているか?ブロッコリーは鮮度が落ちやすいため、できるだけ新鮮なものを選ぶことが大事だ。今回は美味しくて新鮮なブロッコリーの選び方とブロッコリーの旬や種類について、主婦歴18年のママライター猫山メイコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/猫山メイコ

主婦歴18年のママライター。野菜を使ったアレンジレシピが得意。「家族にできるだけ健康的な料理を!」をモットーに日々奮闘する傍ら、カフェや保育園でも調理の仕事を担当。この経験を生かして、食にまつわる様々な知識や疑問を、わかりやすく紹介・解説していく。

ブロッコリーのお気に入りの食べ方は茹でたてをそのままマヨネーズで。

ブロッコリーの旬と産地

image by iStockphoto

綺麗な緑色で、おかずやお弁当に彩りを添えてくれる栄養満点のブロッコリー。スーパーで一年中手にすることのできる野菜ですが、旬と呼ばれる時期を知っていますか?そして、日本で一番のブロッコリーの生産地はどこなのでしょうか?ここからはブロッコリーの旬と産地についてご紹介しますね。

ブロッコリーの旬はいつ?

夏は北海道や長野、冬から春は関東以南の暖地で栽培され一年中供給されているブロッコリー。じつは美味しい旬の時期は11月から3月にかけての寒い時期です。寒くなるにつれ甘みが増し美味しくなるそうですよ。しかも比較的安価で栄養価も高くなりますので、ぜひとも食卓に登場させたいですね。

ちなみに暖かい時期に育てられるブロッコリーには、青虫などの対策のため農薬が多く使われていることが多いです。しかし、流水でしっかりと洗い流してから調理すれば何も心配することはありません。

ブロッコリーの主な産地は?

ブロッコリーは気温が高いと痛みやすいため元々は冬季シーズンにかけて収穫されていました。しかし鮮度保持技術の向上に伴い、常温保存ではなく発泡スチロールで氷詰めにすることにより、離れた消費地への輸送が可能になり国内生産量が増加しました。今では北海道から沖縄まで日本全国で栽培されています。主な産地はこちら。

1位北海道:29,500t
2位埼玉県:16,100t
3位愛知県:15,700t
4位香川県:15,700t
5位徳島県:11,300t

出典:農林水産省「令和2年産・作物調査(野菜)」

2位以下を大きく引き離し全国1位の産地は北海道でした。涼しい気候を生かして春に植え付けし夏場に出荷されています。このように寒い地域から温暖な地域まで日本中で栽培されているんですね。だからこそ年間を通して国産のブロッコリーが供給されているのです。

ブロッコリーの輸入国

近年需要が大きく伸びて輸入量がここ10年で大きく増加した冷凍ブロッコリー。下ごしらえもいらず、すぐに使えて本当に便利ですよね。しかしこれらはどこの国から輸入されたもなのでしょうか。答えは輸入量1位が中国、2位がエクアドル。この2国で輸入量の9割以上を占めているそうです。

また、輸入生鮮ブロッコリーではアメリカが1位で8割以上を占めています。スーパーでもアメリカ産のブロッコリーは本当によく見かけますよね。しかし国内生産量の増加に伴い、生鮮ブロッコリーの輸入量は減少しているそうです。

新鮮なブロッコリーの見分け方

鮮度が落ちやすいブロッコリーだからこそ、できるだけ美味しくて新鮮なものを購入したいですよね。ここからは選ぶ時に注意する大事なポイントをご紹介します。

ブロッコリーはここを見て選ぼう!

美味しいブロッコリーを選ぶコツは下記の通りです。お買い物の際にはぜひ参考にしてみてください。

緑色が濃く花蕾がきゅっと締まっている
・茎の切り口がきれいな薄緑色をしている
・外側の葉がピンとしている

鮮度が命のブロッコリーですから正しく選んで上手に保存してくださいね。

次のページを読む
1 2 3
Share: