学問雑学

予備校と塾の違いとは?大学受験にはどっちがいいの?雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

塾の特徴とは?

学校の成績向上や苦手克服をメインとする塾。そんな塾にはどのような特徴があるのでしょうか。予備校の解説と同様に、授業形式、講師、受講生の取り組む姿勢、そして時間割の4つのポイントに絞りながらみていきましょう。

1. 授業形式:講義形式・生徒とコミュニケーションを取る

受講生の苦手科目の克服や学校の成績の向上を目的とする塾。塾の授業は、予備校のように講師の話を聞く講義形式だけではなく、生徒とコミュニケーションを取りながら進められることもあります。

塾には集団授業や個別授業があり、自分に合う方を選ぶことが可能。集団授業では講義形式の授業が行われることが多いですが、受講生と講師が1対1の個別授業では、受講生が理解できているのかをしっかりと確認しながら進められます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

学校の勉強の対策をすることが多い塾だが、塾によっては中学受験や高校受験の対策をしてくれるところもあるぞ。そのような塾では、予備校のような講義形式の授業が行われるぞ。

2. 講師:大学生のアルバイトからプロの講師まで

塾の講師は、プロの講師もいますが、大学生のアルバイトが担当することもしばしば。学生講師の場合、年齢が近いことから受講生にとっても話しやすいこともあるでしょう。そのため、講師と受講生同士の間でコミュニケーションが取りやすいことが利点です。もちろん、塾にはプロの講師がいますので、丁寧な指導が行われます。

3. 受講生取り組む姿勢:先生に導いてくれる

image by iStockphoto

塾は、受講生と講師がコミュニケーションを取るため、講師に導かれながら学ぶことが多いでしょう。塾の講師は受講生に対して親身に相談に乗ってくれることが多いようです。勉強方法のアドバイスやおすすめの参考書、ノートのまとめ方、モチベーションの保ち方など、受講生1人1人に合わせて、細かいところまでサポートしてくれます。

4. 時間割:コースや授業形態による

集団授業が行われる塾の場合、予備校と同じようにコースごとに時間割が決められています。しかし、個別授業の塾の場合、基本的に受講生の好きなように時間割を組むことが可能です。また、学校の宿題で分からないことがあった、明日のテスト対策をしたいなど、緊急性の高いことにも対応してくれるので、時間割の柔軟性が高いですよ。

\次のページで「予備校は大学受験対策、塾は学校の勉強中心」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: