雑学

全粒粉と小麦粉の違いとは?代用には何がおすすめ?栄養価や味も元パン職人がわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

粉の中身を知ってしまえば、確かにカロリーがあまり変わらないのも頷ける。全粒粉は小麦粉と小麦の皮だから、同じくらいのカロリーがあるはずだよな。

違いその3:血糖値

カロリーはあまり変わりませんが、血糖値の上がり方には大きな差があります。

全粒粉:上がりにくい

全粒粉には食物繊維が多く含まれているのはわかりましたよね。この食物繊維が消化・吸収のスピードを緩める働きをして、血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると脂肪が作られやすくなるので、ダイエットのために全粒粉パンへ置き換えることは効果的です。

小麦粉:上がりやすい

食事の最初に小麦パンを一気に食べてしまうと、血糖値も一気に上がってしまいます。血糖値の上昇を防ぐには、パンの前にサラダを食べるなどして食物繊維を摂取しましょう。

全粒粉って美味しいの?

image by iStockphoto

主食として置き換えられて、栄養価が高い。そう言われると食事に取り入れてみたくなりますが、やっぱり味が気になりますよね。健康的で美味しいのも、全粒粉パンの魅力のひとつです。

全粒粉パンは香ばしく歯応えがある

全粒粉パンは香ばしい香りがまず特徴的です。小麦パンのようなもっちり感はあまりなく、少し固いと感じるかもしれません。プチプチとした食感も楽しめます。噛めば噛むほど甘味が出て、ハード系のパンが好きな方は美味しく食べられるでしょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

確かに良い香りだ。健康的=苦そう、と思っていたんだが…意外と美味しいな!よく噛んで食べないといけないから腹も膨れるし、ダイエットにも良さそうだ。

\次のページで「グルテンフリーを求めるなら」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: