雑学

3分で分かる国民生活センターと消費生活センターの違い!困った時はどっちに相談?特徴や対応時間も文学部卒のライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では「国民生活センター」と「消費生活センター」の違いについてみていくぞ。ネットを使ったサービスなどでトラブルに巻き込まれる消費者が増えているようだ。商品やサービスの解約を相談する時にどちらの窓口に問い合わせをすべきか迷ってしまう人もいるようだな。「国民生活センター」、「消費生活センター」ともに公的な機関のようだ。2つの違いについて文学部卒のライター海辺のつばくろと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/海辺のつばくろ

身に覚えのないネット利用の請求書で、祖父の代わりに消費生活センターに出向いた経験のある文学部卒のライター。

国民生活センターとは?

image by iStockphoto

国民生活センターとは、国が関係している機関というイメージがあるかもしれませんね。実店舗での普段の買い物や通販などのネットショッピング、サービスの利用をした時に事業者と何らかのトラブルになったら、被害の救済をするなど解決をしてくれるのではと考える方もいるでしょう。ニュースなどのメディアでは問題となった商品の調査や使い方の研究、実験などをしているのを見かけますね。

国の独立行政法人

国民生活センターは、国が管理している独立行政法人です。設立日は平成15年10月1日。『独立行政法人国民生活センター法』という法律に基づいて作られた機関です。窓口に直接出向くのではなく、消費者ホットラインに電話をして相談するのが一般的でしょう。

相談料は無料。原則として平日の10時~12時、13時~16時まで対応しています。相談ができるのは被害にあった本人です。しかし、やむを得ない事情があれば代理人を立てられます。

国民生活センターはどんなところ?

国民生活センターの主な業務は以下の通りです。

消費者からの苦情相談を原則無料で受付(ホットラインの設置)
・商品のテスト(被害の拡大防止や問題解決のためなどの理由)
・教育研修(自治体の消費相談担当職員への研修)
・ADR(事業者と消費者の両者の和解の手続きなど)
・メディアを使って消費者への情報を提供(商品の注意喚起など)

国民生活センターが対応可能な相談

国民生活センターが対応できるのは、商品やサービスの問題や被害などの相談全般についてです。国民生活センターのサイトに相談事例が記載されているので、目を通してみることをおすすめします。近年では下記のようなインターネットや携帯電話、アプリなどの相談が目立ってきているようです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: